過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問 平成25年度(2013年) 土地建物 問50

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
建築の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
耐震構造は、建物の柱、はり、耐震壁などで剛性を高め、地震に対して十分耐えられるようにした構造である。
   2 .
免震構造は、建物の下部構造と上部構造との間に積層ゴムなどを設置し、揺れを減らす構造である。
   3 .
制震構造は、制震ダンバーなどを設置し、揺れを制御する構造である。
   4 .
既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。
( 宅建試験 平成25年度(2013年) 土地建物 問50 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

9
正解は【4】になります。

1:耐震構造は、文字通り地震に耐えられる構造であり、建物を頑丈にすることによって、地震の揺れに耐えて建物の倒壊を防ぐ構造になっております。 → 〇

2:免震構造とは、建物と地盤を離すことにより、建物を揺れから免れる構造であり、積層ゴムなどを設置して揺れを減らす構造になっています。 → 〇

3:制震ダンパーとは、地震時のエネルギーを吸収することにより、建物の揺れを低減させ、 揺れを低減することにより、建物の損傷を減らすようになっています。そういった装置を用いて、揺れを制御する構造を制震構造といいます。 → 〇

4:既存不適格建築物の耐震補強でも、基本的には耐震構造化になりますが、制震構造や免震構造を用いることもあり、その場合では耐震構造化よりも効力が高いことがあります。 → ×
付箋メモを残すことが出来ます。
3
答え:4

1.文章の通りです。

2.文章の通りです。

3.文章の通りです。

4.既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることが出来ます。
3
答え:4

1.正しい
文章の通りです。

2.正しい
文章の通りです。

3.正しい
文章の通りです。

4.誤り
免震構造とは、建物の基礎部分に特殊なゴム層等を入れて地盤と絶縁し、地震の震動が地盤から建物に伝わるのを防ぐ仕組みです。
制震構造とは、建物に制御装置を組み込み、地震等の揺れを吸収させる構造です。
いずれも、既存不適格建築物の耐震補強として、用いられます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この宅建 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。