過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問 令和2年度10月実施分(2020年) 土地建物 問50

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
建物の構成は、大きく基礎構造と上部構造からなっており、基礎構造は地業と基礎盤から構成されている。
   2 .
基礎の種類には、基礎の底面が建物を支持する地盤に直接接する直接基礎と、建物を支持する地盤が深い場合に使用する杭基礎(杭地業)がある。
   3 .
直接基礎の種類には、形状により、柱の下に設ける独立基礎、壁体等の下に設けるべた基礎、建物の底部全体に設ける布基礎(連続基礎)等がある。
   4 .
上部構造は、重力、風力、地震力等の荷重に耐える役目を負う主要構造と、屋根、壁、床等の仕上げ部分等から構成されている。
( 宅建試験 令和2年度10月実施分(2020年) 土地建物 問50 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

9
正解は3です。
以下、解説になります。

1. 適当です。
本選択肢の通りです。
基礎構造は地業と基礎盤に分類されます。
ちなみに上部構造は主要構造と仕上げ部分等に分類されます。

2. 適当です。
本選択肢の通りです。
地盤自体で構造物を支えるのが直接基礎、地盤に深く打ち込んだ杭によって構造物を支えるのが杭基礎です。

3. 不適当です。
本選択肢では、「べた基礎」と「布基礎」の説明が入れ替わっています。
べた基礎は建物の底部全体に設ける基礎であり、布基礎は壁体等の下に設ける基礎です。

4. 適当です。
本選択肢の通りです。
上部構造とは建物を支える基礎よりも上にある部分で、主に地上に出ている部分のことです。
付箋メモを残すことが出来ます。
1

建築物の構造に関する問題です。

正解は3です。

3.不適当

直接基礎の種類には、形状により、柱の下に設ける独立基礎、壁体等の下に設ける「布基礎(連続基礎)」、建物の底部全体に設ける「べた基礎」等があります。

本選択肢はべた基礎と布基礎(連続基礎)が反対になっているため誤りです。

1.適当

建物の構成は、基礎構造と上部構造からなっています。

そして基礎構造は地業と基礎盤から構成されています。

2.適当

基礎の種類として、以下のものがあげられます。

・基礎の底面が建物を支持する地盤に直接接する直接基礎

・建物を支持する地盤が深い場合に使用する杭基礎(杭地業)

4.適当

建物の構成は、基礎構造上部構造からなっています。

基礎構造は地業と基礎盤から、上部構造は主要構造(重力、風力、地震力等の荷重に耐える)と仕上げ部分(屋根、壁、床等)から構成されています。

1

少し難問な気もしますが、正解は3です。

べた基礎と布基礎の説明が逆となっており、不適切な文章です。

1,2,4の他の選択肢は、文章として特に不自然な部分がなく、不適切とはいえません。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この宅建 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。