過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問 令和2年度10月実施分(2020年) 土地建物 問49

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
都市の中小河川の氾濫の原因の一つは、急速な都市化、宅地化に伴い、降雨時に雨水が短時間に大量に流れ込むようになったことである。
   2 .
中小河川に係る防災の観点から、宅地選定に当たっては、その地点だけでなく、周辺の地形と防災施設に十分注意することが必要である。
   3 .
地盤の液状化については、宅地の地盤条件について調べるとともに、過去の地形についても古地図などで確認することが必要である。
   4 .
地形や地質的な条件については、宅地に適しているか調査する必要があるが、周辺住民の意見は聴かなくてよい。
( 宅建試験 令和2年度10月実施分(2020年) 土地建物 問49 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

7
正解は4です。
以下、解説になります。

1. 適当です。
急速な都市化・宅地化は、それに伴いアスファルト舗装が増えるため、降雨時に雨水が短時間に大量に流れ込むようになります。

2. 適当です。
本選択肢の通りです。
災害の有無や規模は、周囲の地形と防災施設によっても変わってきます。

3. 適当です。
旧河道や埋立地などで液状化現象は発生しやすいです。
これらは古地図を使えば昔どのような土地だったのかが分かるので、確認する必要があります。

4. 不適当です。
周辺住民の意見を聴くことによって、情報が得られる場合があります。
特に昔からの住民は過去の災害等を詳しく知っていることが多いです。
付箋メモを残すことが出来ます。
2

土地に関する問題です。

これは毎年1問の出題がありパターン化されているので、過去問をしっかりといて暗記するようにしてください。

正解は4です。

4.不適当

地形や地質的な条件について宅地に適しているか調査する必要は、もちろんあります。

しかし、周辺住民の意見も重要です。

住民だからわかる過去の情報も、宅地に適しているか判断するために重要な情報となります。

1.適当

都市の中小河川の氾濫の原因のひとつとして、急速な都市化・宅地化に伴って降雨時に雨水が短時間に大量に流れ込むようになったことがあげられます。

2.適当

災害はその地点だけでなく、周辺の地形と防災施設に十分注意する必要があります。

3.適当

液状化は埋め立て地などで起こりやすい災害です。

そのため宅地の、過去の地形についても古地図などで確認することが必要があります。

2

正解は4です。

基本的に土地・建物の性質に関する問題は、不自然な文章を選べば正解となります。

周辺住民だって、その土地の地形や地質的な条件を調べたうえで、その土地に住んでいるわけですから、周辺住民の意見は十分に参考となり得ます。

1:排水設備等が整備されれば、雨水がいっきに川に流れ込むことはあり得ますから、別に文章として不自然でなく、不適当とはいえません。

2:周囲の地形や防災設備について調べておくことは、防災の観点からとても重要なことであり、不自然な文章ではないため、不適当とは言えません。

3:沼地や海などに手を加えて陸地にした場所というのはあるので、過去の地形を調べることには意味があります。

よって、不自然な文章ではなく、不適当とは言えません。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この宅建 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。