過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師「公衆衛生学」の過去問を出題

問題

公衆衛生に関する記述で、〔    〕に入る語句として、正しいものを一つ次の中から選びなさい。

『公衆衛生は〔    〕を対象とし、個人の衛生や環境衛生、地域社会の組織的な努力によって健康度のレベルアップを目的としている。』
   1 .
患者
   2 .
児童・生徒
   3 .
妊産婦
   4 .
すべての住民
( 調理師試験 平成25年度 公衆衛生学 )

この過去問の解説 (4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
14
評価しない
(4)すべての住民 が正解です。
『公衆衛生は〔すべての住民〕を対象とし、個人の衛生や環境衛生、地域社会の組織的な努力によって健康度のレベルアップを目的としている。』

「公衆衛生」は、特定の人を対象にするのではなく、すべての地域の人を対象として、身体的・精神的な健康を維持するため組織的におこなう衛生活動のことです。

(2)(3)× 母子保健や学校保健など、妊産婦や児童を対象とした衛生教育や健康診断なども公衆衛生の領域に含まれますが、公衆衛生はそれだけに特定しているわけではありません。

(1)×患者を対象となるのは、医療機関が個人に行なう診察や治療です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は4。

公衆衛生では、すべての住民が健康を保持する生活水準を保障するような社会機構の発展を目指しています。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正解は(4)です。

「公衆」という言葉から、(1)~(3)のように特定の人を指すことはありません。

よって、消去法で正解は(4)となります。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正解は4です。
全ての住民を対象としています。
問題文の「人の衛生や環境衛生、地域社会の組織的な努力」などからも答えが導き出せるかと思います。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。