過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師「栄養学」の過去問を出題

問題

体内において成分が 1 g 当たりに発生するエネルギー量の組み合わせとして、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
   1 .
アルコール ──── 4 kcal
   2 .
食物繊維 ───── 4 kcal
   3 .
脂肪 ─────── 9 kcal
   4 .
コレステロール ── 9 kcal
( 調理師試験 平成25年度 栄養学 )

この過去問の解説 (4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
123
評価しない
正解は(3)です。

ここで覚えておく事は、3つのエネルギー源のカロリーです。

炭水化物1g - 4kcal
たんぱく質1g - 4kcal
脂質 - 9kcal

この3つだけは、しっかり覚えておきましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
49
評価しない
まず、
体内において成分が 1 g 当たりに発生するエネルギー量とはcalであらわします。

1・アルコールのCalは7kcalです。

2・食物繊維はエネルギーにはならないので0kcalになります。

3・脂肪は9kcalなので正解です。

4.コレステロールは脂質の一種なのでカロリーはありません。
評価後のアイコン
評価する
35
評価しない
正解は3です。

アルコールは1g当たり7kcalです。

食物繊維は科学的には炭水化物ですが、人間が消化出来ないので、カロリーにはなりません。

コレステロールは脂質なのでカロリーはありません。
評価後のアイコン
評価する
34
評価しない
三大栄養素が持つエネルギーを覚えていれば、解答できる問題ですね。

【体の中で発生する1gあたりのエネルギー】
炭水化物 4kcal
たんぱく質4kcal
脂質9kcal

(1)× アルコールは1gあたり7kcalです。
(2)× 食物繊維は体内に吸収されないので、エネルギーが発生しません。
(4)× コレステロールは脂質に含まれますが、エネルギーとして使用されることがない栄養素なので、カロリーを発生させません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。