過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師「平成29年度」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 59
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 59
クリア
日本国憲法で「 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」と規定した条文として、正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
第9条
 2 . 
第14条
 3 . 
第23条
 4 . 
第25条
( 調理師試験 平成29年度 公衆衛生学 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
17
評価しない
正解は(4)第25条です。


日本国憲法第25条1項
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。(後略)」

という文は、誰でも聞いたことがあるかと思います。


ちなみに日本国憲法第25条では、生存権などについて規定されています。

生存権とは、人間が人間らしく生きる権利のことです。

評価後のアイコン
2018/04/25 16:45
ID : ftmsqytwrg
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は(4)第25条
です。

日本国憲法 第25条
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
に続いて
「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」
とあります。


(1)(2)(3)は調理士試験に直接関係ないテーマとなっています。どれも重要な条文なので、記憶しておくとよいでしょう。

(1)× 第9条は「戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認」なので、関係ありません。

(2)× 第14条は「平等原則、貴族制度の否認及び栄典の限界」なので、関係ありません。

(3)× 第23条は「学問の自由は、これを保障する。」なので、関係ありません。

(参照:日本国憲法)
評価後のアイコン
2018/03/05 19:01
ID : bbxjyqrbfx
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。