過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師「令和2年度12月実施分」の過去問を出題

問題

人口静態統計に関する記述について、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
出生届、死亡届、婚姻届、離婚届および死産届をもとに作成されている。
   2 .
代表的な統計には、5年ごとに行われる国勢調査がある。
   3 .
ある一定期間の地域における人口の動きを把握することができる。
   4 .
統計項目には、合計特殊出生率や死亡率(粗死亡率)がある。
( 調理師試験 令和2年度12月実施分 公衆衛生学 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
正解は2です。

人口静態統計に関する記述で正しいのは2の「代表的な統計には、5年ごとに行われる国勢調査がある」です。人口静態統計は5年ごとの国勢調査により集計したものになります。また、人口静態統計には高齢比率や老年人口指数、老年化指数などが含まれた統計です。

その他の回答選択肢は以下の通りです。

回答1:出生届や死亡届、婚姻届、離婚届、死産届をもとに作成されるのは人口動態統計になりますので誤りです。

回答3:人口静態統計は一定の日時における人口集団の特性を数字的に表したものなので誤りです。

回答4:統計項目に合計特殊出生率や死亡率(粗死亡率)があるのは人口動態統計になりますので誤りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は2です。

人口静態統計とは、ある時点での人口などについての統計で、わが国では「国勢調査」がこれにあたります。

1:出生届・死亡届・婚姻届・離婚届・死産の届け出に関する規定にもとづく死産届をもとにつくられたものは「人口動態統計」です。
人口動態統計は公衆衛生上の基礎資料として欠くことのできないものです。

2:人口静態統計の代表的なものとして、5年ごとの国勢調査があります。10月1日に総務庁によっておこなわれます。
⇒よって正解です。

3:ある一定期間の地域における人口の動きを把握できるのは、人口動態統計です。

4:合計特殊出生率、死亡率は人口動態統計です。
合計特殊出生率は、1人の女性が一生の間に生む平均的な子どもの数であり、15~49歳の女性の年齢別出生率を合計したものです。
死亡率(粗死亡率)とは、人口1000人に対する年間の死亡数のことです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。