過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師「平成29年度」の過去問をランダムに出題

問題

次の日本料理様式のうち、日本の食文化の形成において最も古いものを一つ選びなさい。
 1 . 
会席料理
 2 . 
南蛮料理
 3 . 
本膳料理
 4 . 
普茶料理
( 調理師試験 平成29年度 食文化概論 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
35
評価しない
3 . 本膳料理
が正解です。

1~4の日本料理は、本膳料理→南蛮料理→普茶料理→会席料理の順で普及していきました。

【本膳料理】
室町時代に確立した、日本料理の基本となる形式のお膳立てです。
主に式三献、雑煮、本膳、二の膳、三の膳、硯蓋(すずりぶた)で構成されます。
明治時代以降はすたれ、かわりに会席料理が用いられるようになりました。

【南蛮料理】
室町時代~江戸時代にかけて、ポルトガル人、スペイン人が日本に持ち込んだ食文化。
トウガラシやネギを使ったものが南蛮料理と呼ばれました。

【普茶(ふちゃ)料理】
江戸時代に中国から日本に伝わった精進料理です。

【会席料理】本膳料理を簡略化したものです。 
主に先付、椀物、向付、鉢肴、強肴、止め肴、 ご飯・味噌汁・香の物、水菓子で構成されます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は3です。


選択肢中の料理形式は、本膳料理→南蛮料理→普茶料理→会席料理の順で普及しました。

本膳料理…室町時代後期に成立したと言われています。その前の数や皿数によって武士の権威を示したとされています。

服装や作法が細かく定められており、「儀式」という意味合いが強く残っているのが特徴です。

南蛮料理…室町時代後半から、南蛮人(ポルトガル人、スペイン人)によって日本にもたらされた異国風の料理です。

普茶料理…江戸時代初期に中国から入ってきた精進料理です。

濃厚な味付けで、大人数でテーブルを囲むのが特徴です。

会席料理…もともとは本膳料理を簡略化したものです。

献立に従って1品ずつ食べていく「食い切り」と、宴会などでよく見る配膳形式の2種類があります。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は1 . 本膳料理です。

平安時代の大郷料理→鎌倉時代の精進料理→室町時代の本膳料理→安土桃山時代の南蛮料理→江戸時代初期の懐石料理→卓袱料理→普茶料理→袱紗料理→懐石料理と普及してきました。

この問題では本膳料理が一番古いものになります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。