過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師「令和元年度」の過去問をランダムに出題

問題

和食器に関する記述で、(   )に入る語句の組み合わせとして、正しいものを一つ選びなさい。

『食器具類の中で( A )は、素地が緻密で高温の窯で焼くため硬く、たたくと金属のような音が特徴であり、石川県の( B )焼など、日本の代表的な食器具類として海外でも人気が高い。』
   1 .
A:漆器  B:益子
   2 .
A:陶器  B:常滑
   3 .
A:磁器  B:九谷
   4 .
A:土器  B:有田
( 調理師試験 令和元年度 食文化概論 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
18
評価しない
正解は3です。

磁器は、素地が緻密で、1200~1300度の高温の窯で焼くため硬く、たたくと金属のような音が特徴です。
石川県の九谷焼、佐賀県の有田焼が有名です。

陶器は1000~1200度で焼成され、表面が多孔質でザラザラとした感触が特徴です。
栃木県の益子焼、愛知県の常滑焼が有名です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は3です。

1:漆器は、木や紙などに漆を塗り重ねて作る工芸品です。
益子焼は、栃木県を産地とする陶器です。

2:陶器は、陶土と呼ばれる粘度が原材料です。ガラスの材料となる珪石(けいせき)や長石を混ぜて作られます。800~1500℃で焼き、たたいたときの音は「ゴン」という鈍い低音です。
陶器は、滋賀県の信楽焼きが有名です。
常滑(とこなめ)焼は愛知県が産地の陶器です。

3:磁器は、原材料が石英(せきえい)や長石などの陶石です。これらを粉にしたものを粘度と混ぜて作ります。1200~1400℃で焼き、たたいたときの音は「キーン、カンカン」という金属的な音です。
石川県の九谷焼が有名です。
⇒よって正解です。

4:土器は、粘土で焼成して作った素焼きの器です。日本では、縄文土器・弥生土器などがあります。有田焼は陶器です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。