過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師「令和元年度(再試験)」の過去問をランダムに出題

問題

地域における正月の雑煮の特徴に関する記述について、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
宮城県の雑煮は、あご(とびうお)でとった汁に、ぶり、かまぼこなどと丸餅が入る。
   2 .
京都府の雑煮は、すまし仕立ての汁に、鶏肉、青菜、根菜などと角餅が入る。
   3 .
香川県の雑煮は、白みそ仕立ての汁に、根菜類などとあん餅が入る。
   4 .
鳥取県の雑煮は、焼きはぜでとった汁に、根菜などと角餅が入る。
( 調理師試験 令和元年度(再試験) 食文化概論 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
18
評価しない
正解は3です。

1.宮城県の雑煮は、ハゼでだしをとった汁に焼きハゼ、根菜などと角餅が入ります。

2.京都府の雑煮は、白味噌仕立ての汁に、三つ葉や根菜などと丸餅が入ります。

3.香川県の雑煮は、白みそ仕立ての汁に、根菜類などとあん餅が入ります。

4.鳥取県の雑煮は、小豆の入った甘い汁粉仕立ての汁に、角餅が入ります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
1.宮城県仙台市の雑煮は、ハゼでだしをとった汁に焼きハゼ、セリやいくら根菜などと角餅が入ります。

2.京都府の雑煮は、濃厚な白味噌仕立ての汁に雑煮大根、金時人参、さといも ミツバ カツオ節、丸もちなどが入ります。

3.香川県の雑煮は、白みそ仕立ての汁に、根菜類などとあん餅が入ります。京都の雑煮に似ています。

4.鳥取県の雑煮は、小豆の入った甘い汁粉仕立ての汁に、角餅が入ります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は3です。

1:宮城県の雑煮は、焼きハゼを乾燥させたものがよく使われます。
あごでとった汁に、ぶり・かまぼこ・丸餅が入った雑煮は、博多のぶり雑煮です。

2:京都府の雑煮は、白みそ仕立てで少し甘めに仕上げたものです。縁起物の海老芋と金時人参、うぐいす菜などが入ります。
鶏肉・青菜・根菜などと角餅が入った雑煮は、神奈川県の雑煮です。

3:香川県の雑煮は、白みそ仕立ての汁にあんころ餅と根菜類などが入った雑煮です。
⇒よって正解です。

4:鳥取県の雑煮は、茹で小豆に丸餅を加え、砂糖で味付けをしたものです。
焼きハゼでとった汁に、根菜・角餅が入った雑煮は宮城県の雑煮です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。