過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師「令和2年度10月実施分」の過去問をランダムに出題

問題

食料自給率に関する記述で、(   )に入る語句の組み合わせとして、正しいものを一つ選びなさい。
『我が国の食料自給率は年々( A )している。平成30年度( 2018年度)のカロリーベースの食料自給率(概算値)は( B )である。』
   1 .
A:上昇  B:37%
   2 .
A:上昇  B:66%
   3 .
A:低下  B:37%
   4 .
A:低下  B:66%
( 調理師試験 令和2年度10月実施分 食文化概論 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
正解は3です。

カロリーベースの食料自給率は1965年には73%ありましたが年々低下しており、平成30年度(2018年)は37%となっています。


食料自給率は、我が国で必要な食料に対し、国内でどれだけ生産できているかの割合を示す指標です。

たとえば、2020年の食料自給率は38%でした。38%が国産の食品でまかなうことができ、残りの62%は輸入品に頼っているということです。


食料自給率には3つの計算法があり、そのうちで最も使われているのが「カロリーベース総合食料自給率」です。

【カロリーベース総合食料自給率】
1人1日当たりに必要な総供給熱量(カロリー)に対し、国内で生産した食料がどれだけの割合を占めているか示した指標。


日本の食料自給率は、主要国の中でも低いのが現状です。国は食料の安定供給を確保するため、2030年年度には、カロリーベース総合食料自給率を45%に引き上げることを目標としています。



各選択肢については、以下のとおりです。

1.上昇とありますが、これは「誤り」です。

2.上昇とありますが、これは「誤り」です。

3.年々低下し、平成30年度のカロリーベース食料自給率(概算値)は37%だったので「正解」です。

4.平成30年度のカロリーベース食料自給率は37%しかないので、66%は「誤り」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。