過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師「衛生法規」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 25問 正解) 全問正解まであと25問
食品衛生法第1条に規定する法の目的に関する記述で、[      ] に入る語句の組み合わせとして、正しいものを一つ選びなさい。『食品衛生法は、食品の安全性の確保のために [   A   ] の見地から必要な規制その他の措置を講ずることにより、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、もって国民の [   B   ] を図ることを目的とする。』
 1 . 
公衆衛生 ---- 健康の保護
 2 . 
公衆衛生 ---- 安全の確保
 3 . 
衛生管理 ---- 健康の保護
 4 . 
衛生管理 ---- 安全の確保
( 調理師試験 平成27年度 衛生法規 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(4件)

評価する
11
評価しない
正解は 1 です。

 食品衛生法で規定する食品とは、「医薬品」・「医薬部外品」を除く人の口に入る「全て」をいいます。
 間接的に入るものも含まれますので、「添加物」・器具」・「容器包装」・乳幼児用おもちゃ・洗浄剤なども含まれます。
評価後のアイコン
2016/05/14 15:19
ID : hswrgknw
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は1です。

食品衛生の定義は非常に範囲が広いです。
「医薬品、医薬部外品、医療器具など医療関係で人の口に入る物」を除く、「食品に限らず全ての人の口に入る可能性のある物全て」「口に入る可能性のある物と接触する可能性のある器具や容器、梱包材料など全て」と「その業務に携わる全ての人」の衛生を指します。
評価後のアイコン
2016/08/03 21:01
ID : hjcbbnpqq
評価する
3
評価しない
正解は1です。
公衆衛生とは、地域社会の人々の健康の保持・増進をはかり、疾病を予防するため、公私の保健機関や諸組織によって行われる衛生活動のことです。
評価後のアイコン
2016/11/05 15:29
ID : arhcydekc
評価する
1
評価しない
正解は「1」です。

食品衛生法は、食品、添加物、器具、容器包装等を対象して、飲食に関する衛生について規定したものであり、食品等の取り扱いにおいて、清潔で衛生的に行うことが原則であるとしています。
評価後のアイコン
2016/12/31 16:41
ID : gnndyhuya
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。