過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師「公衆衛生学」の過去問をランダムに出題

問題

外因性内分泌かく乱化学物質(環境ホルモン)として、誤っているものを一つ選びなさい。
   1 .
メチル水銀
   2 .
ダイオキシン
   3 .
PCB(ポリ塩化ビフェニル)
   4 .
ビスフェノール A
( 調理師試験 令和元年度(再試験) 公衆衛生学 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
32
評価しない
正解は1です。

外因性内分泌かく乱物質(環境ホルモン)とは、生体内の内分泌機能に変化を与え、それにより有害な影響を引き起こす、外因性の化学物質または混合物のことを言います。
代表的なものにポリ塩化ビフェニル、ビスフェノールA、ダイオキシン類などがあります。

メチル水銀は有機水銀の一種で、水俣病などの神経障害を引き起こします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
正解は1です。

環境ホルモンは、人に摂取されるとホルモンの働きを乱して、生育や発育に影響を与える化学物質のことをいいます。

1:メチル水銀は、水俣病の原因であり、四大公害病の一つです。環境ホルモンではありません。
⇒よって正解です。

2.3.4:塩素系のごみの焼却により生成し、発がん性のある、ダイオキシン、環境から食物連鎖による
PCB、ビスフェノールAなどは環境ホルモンに当てはまります。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は1です。

環境ホルモンは、あくまで通称であり科学的には内分泌かく乱物質と言います。「ホルモン」は生体内で作られ細胞伝達に利用される物質です。環境中にもこれに類似した物質があり環境ホルモンと呼ばれています。

メチル水銀は脂溶性物質であり極めて生物濃縮を受けやすい毒物です。高濃度摂取で神経障害や発達障害を引き起こします。水俣病の原因物質としても有名です。

ダイオキシン、PCB、ビスフェノールAは環境ホルモンでありこのほかにも内分泌かく乱ホルモンは約70種類あるとされています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。