過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師「公衆衛生学」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 65問 正解) 全問正解まであと65問
休養とストレスに関する記述について、正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
山登りなど肉体的なことでも、休養効果は高いものがある。
 2 . 
長期休暇中に出勤し気ままに過ごすことでも、休養効果を得る。
 3 . 
ストレスの原因(ストレッサー)は、心理的なものを指し、物理的なものは指さない。
 4 . 
ストレス病の発症は環境要因によるもので、個人的な因子はほとんどない。
( 調理師試験 平成29年度 公衆衛生学 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
1 . 山登りなど肉体的なことでも、休養効果は高いものがある。
が正解です。

運動には、体の血行を促進して、脳神経やからだの機能をリフレッシュさせる効能があるためです。
また、山登りの場合だと、景観を楽しむ、達成感を味わうといった心理的な良い効果もあります。

(2)× 仕事のことは気にせず、休暇をすることが大切です。
休暇期間と労働時間はしっかり分けるのが基本です。

(3)× ストレッサーは心理的なものだけではありません。
代表的なストレッサーには、次の種類が知られます。

心理的なストレッサー…緊張、不安、悩みなど
物理的なストレッサー…寒暖差、騒音、悪臭など
生理的なストレッサー…疲労、病気など

(4)× ストレス病は、ストレスを受けることで心身の機能が乱れて発症する病気です。
よく知られるものに、心身症、自律神経失調症、過敏性腸症候群などがあります。

環境要因(外部から受けるストレス)だけでなく、個人的な因子(年齢、性別、性格、行動パターンなど)も関係します。
評価後のアイコン
2018/04/01 10:51
ID : bbxjyqrbfx
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。