過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師「栄養学」の過去問をランダムに出題

問題

肥満に関する記述について、誤っているものを一つ選びなさい。
   1 .
肥満を判定するBMI(体格指数)は、身長と体重を使って求める。
   2 .
BMIが 22 以上を肥満と判定する。
   3 .
肥満は、高尿酸血症(痛風)の危険性を増大させる。
   4 .
肥満の原因は、エネルギーの過剰摂取である。
( 調理師試験 令和元年度(再試験) 栄養学 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
21
評価しない
正解は2です。

1.BMIは体重÷身長(m)の二乗で計算します。

2.BMIが25以上を肥満と判定します。
BMI22は標準体重で、統計上最も病気になりづらい体重です。
BMI18.5未満は痩せと判断します。

3.肥満になると尿酸の排出能が低下するため、肥満は痛風の危険性を増大させます。

4.肥満の原因は、エネルギーの過剰摂取です。
基礎代謝や活動量により消費するエネルギーよりも摂取エネルギーのほうが高い場合、肥満になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は2です。

1:BMI(body mass index)は
体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出します。

2:BMIが25以上を肥満と判定します。
⇒よって正解です。

3:肥満は体脂肪が過剰に蓄積した状態です。生活習慣病の原因となるため、肥満の予防や適切な減量が痛風を含めた生活習慣病の予防につながります。

4:肥満の原因は、長年の食事の乱れと運動不足によるものが多いです。摂取エネルギーの余剰分が体脂肪として、皮下や腹腔内に蓄えられます。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は2です。

1.BMIはボディマス指数と呼ばれ、体重と身長から算出される肥満度を表す体格指数です。体重÷身長(m)の二乗で計算します。

2.BMIは世界共通ですが基準値は国によって異なり日本では25以上を肥満と判定します。
BMI22は標準体重で、統計上最も病気になりづらい体重です。
BMI18.5未満は痩せと判断します。

3.肥満になると糖尿病、高血圧、脂質異常などの生活習慣病にかかるリスクが高くなります。妊婦などでは切迫早産などのリスクも上がります。

4.肥満の原因は、エネルギーの過剰摂取です。
摂取カロリーが消費カロリーを上回っているときになります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。