過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師「栄養学」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 62問 正解) 全問正解まであと62問
「 日本人の食事摂取基準( 2015年版 )」において、生活習慣病の予防を目的に設定されている栄養素の指標として、正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
推定平均必要量
 2 . 
目標量
 3 . 
目安量
 4 . 
推奨量
( 調理師試験 平成29年度 栄養学 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(2件)

評価する
5
評価しない
(1)× 推定平均必要量は、日本人のある性、ある年齢の人々の50%が必要量を満たすと推定された量です。

(2)× 目安量は、ある集団の人々が一定の栄養状態を維持するのに十分な量を指します。

(3)○ 日本人の食事摂取基準とは、厚生労働省が国民の健康の維持・増進などを目的に制定したエネルギー及び各栄養素の摂取量の基準です。

2015年度版では「推定平均必要量」「目安量」「推奨量」「目標量」を指標として定めています。

この4つの中で生活習慣病予防を目的にしているのは「目標量」のみです。

(4)× 推奨量は、日本人の、ある性、ある年齢に属する人々の97~98%が必要量を満たすと推定される摂取量です。
評価後のアイコン
2018/06/07 21:38
ID : ftmsqytwrg
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
2 . 目標量
が正解です。

「日本人の食事摂取基準」は、1日に必要な栄養摂取量の基準を示したもの。
5年おきに改定しており、「2015年版」は「2010年版」に比べ、特に「生活習慣病の発症や重症化を予防すること」を重要視しているのが特徴です。

栄養素の指標には「推定平均必要量」「目安量」「 推奨量」を用い、2015年版では新たに、生活習慣病を予防するために目標とすべき摂取量を「目標量」が加わりました。
目標量が設定されているのは、ナトリウム、カリウム、食物繊維です。

「推定平均必要量」「目安量」「 推奨量」は、生活習慣病の予防が目的ではなく、栄養状態を保ち、摂取不足を防ぐための必要量を知る指標として設定されています。

(1)× 推定平均必要量は、50%の人が必要量を満たせる量のことです。

(2)× 目安量は、栄養状態を保つのに十分な量です。

(4)× 推奨量は、97.5%以上の人が必要量を満たせる量のことです。
評価後のアイコン
2018/04/01 22:40
ID : bbxjyqrbfx
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。