過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成24年度(2012年) 権利関係  過去問題 | 無料の試験問題

問題

代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

 1 . 
未成年が代理人となって締結した契約の効果は、当該行為を行うにつき当該未成年者の法定代理人による同意がなければ、有効に本人に帰属しない。
 2 . 
法人について即時取得の成否が問題となる場合、当該法人の代表機関が代理人によって取引を行ったのであれば、即時取得の要件である善意・無過失の有無は、当該代理人を基準にして判断される。
 3 . 
不動産の売買契約に関して、同一人物が売主及び買主の双方の代理人となった場合であっても、売主及び買主の双方があらかじめ承諾をしているときには、当該売買契約の効果は両当事者に有効に帰属する。
 4 . 
法定代理人は、やむを得ない事由がなくとも、復代理人を選任することができる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 1 です。

民法102条では、代理人は、行為能力者であることを要しないと規定していますので、未成年でも有効な代理行為ができます。ですから、法定代理人の同意がなくても、未成年の代理行為の効果は本人に帰属します。

2.民法101条1項では、意思表示の効力が、ある事情を知っていたこと又は知らなかったことにつき過失があったことによって影響を受けるべき場合には、その事実の有無は代理人によって決するものとする、と規定しています。したがって、即時取得の要件である善意無過失は、代理人を基準に判断されます。

3.民法108条では、同一の法律行為については、相手方の代理人となり、又は、当事者双方の代理人となることはできない、ただし、債務の履行及び本人があらかじめ承諾した行為については、この限りではない、と規定しています。ですから、契約の当事者の双方が承諾している場合には、当事者双方の代理人となることができます。

4.民法106条では、法定代理人は、自己の責任で復代理人を選任できる、と規定しています。したがって、本肢は正解です。なお、法定代理人がやむを得ない事由があり、復代理人を選任した場合には、その選任及び監督についてのみ、本人に対して責任を負います。




2014/12/13 15:38
ID : vkwhjenv
0

【答え】1.

1. 誤
(民法 第102条)
代理人は、行為能力者であることを要しない。

本肢では、代理人が未成年でも、法定代理人による同意なく、有効に本人に帰属します。

2. 正
本肢の説明の通り、即時取得の要件である善意・無過失の有無は、当該代理人を基準にして判断されます。

3. 正
(民法 第108条)
同一の法律行為については、相手方の代理人となり、又は当事者双方の代理人となることはできない。
ただし、債務の履行及び本人があらかじめ許諾した行為については、この限りでない。

本肢では、条文通りです。

4. 正
(民法 第106条)
法定代理人は、自己の責任で復代理人を選任することができる。

本肢では、条文通りです。

2014/11/21 14:44
ID : saqzjdhpr
0

1.代理人は行為能力者でなくてもいいので、未成年者の代理人がが行った行為でも有効です。

2.文章の通りです。当該代理人を基準にして判断されます。

3.文章の通りです。双方があらかじめ承諾をしているときには、当該売買契約の効果は両当事者に有効に帰属します。

4.文章の通りです。法定代理人は、やむを得ない事由がなくとも、復代理人を選任することができます。

2014/10/30 10:05
ID : ffwqkrtewz
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。