過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問 平成24年度(2012年) 権利関係 問3

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。
   1 .
意思能力を欠く状態でなされた意思表示が無効である旨
   2 .
契約締結に当たって当事者が基礎とした事情に変更が生じた場合に、当事者は契約の再交渉を求めることができる旨
   3 .
保証契約は、書面でしなければその効力を生じない旨
   4 .
物の瑕疵(かし)とは、目的物が備えるべき性質、品質を備えていないことである旨
( 宅建試験 平成24年度(2012年) 権利関係 問3 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

74
正解は 3 です。

民法446条2項で、保証契約は、書面でしなければ、その効力を生じない、と規定しています。よって、本肢が正解です。

1.民法では規定されていません。

2.民法では規定されていません。

4.民法では規定されていません。
付箋メモを残すことが出来ます。
14
【答え】3.

1. 規定されていない
本肢は、規定されていません。

2.  規定されていない
本肢は、規定されていません。

3. 規定されている
(民法 第446条2項)
保証契約は、書面でしなければ、その効力を生じない。

本肢では、条文通りです。

4.  規定されていない
本肢は、規定されていません。
7
1.規定されていません。
2.規定されていません。
3.規定されています。
4.規定されていません。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この宅建 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。