過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年度(2010年) 権利関係  過去問題 | 無料の試験問題

問題

所有権及びそれ以外の財産権の取得時効に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

 1 . 
土地の賃借権は、物権ではなく、契約に基づく債権であるので、土地の継続的な用益という外形的かつ客観的事実が存在したとしても、時効によって取得することはできない。
 2 . 
自己の所有と信じて占有している土地の一部に、隣接する他人の土地の筆の一部が含まれていても、他の要件を満たせば、当該他人の土地の一部の所有権を時効によって取得することができる。
 3 . 
時効期間は、時効の基礎たる事実が開始された時を起算点としなければならず、時効援用者において起算点を選択し、時効完成の時期を早めたり遅らせたりすることはできない。
 4 . 
通行地役権は、継続的に行使され、かつ、外形上認識することができるものに限り、時効によって取得することができる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
3

【答え】1.

1. 誤
(民法 第163条)
所有権以外の財産権を、自己のためにする意思をもって、平穏に、かつ、公然と行使する者は、前条の区別に従い20年又は10年を経過した後、その権利を取得すると規定されています。
判例により、土地の継続的な用益という外形的かつ客観的事実が存在すれば、土地の賃借権の事項取得が可能です。

2. 正
(民法 第162条)
20年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得することができます。
10年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得することができます。
土地の一部にも適用されます。

3. 正
(民法 第144条)
時効の効力は、その起算日にさかのぼります。
時効援用者が起算点を選択することはできません。

4. 正
(民法 第283条)
地役権は、継続的に行使され、かつ、外形上認識することができるものに限り、時効によって取得することができます。

2014/11/05 18:31
ID : saqzjdhpr
1

1.取得時効の対象となる権利は、所有権・地上権・永小作権・地役権・賃借権など(地役権は、「継続かつ表現のもの」に限り時効取得できる)為、土地の継続的な用益という外形的かつ客観的事実が存在すれば時効取得の対象になります。
2.自己の所有と信じて占有している土地の一部の所有権のみ、要件を満たせば時効取得できます。
3.時効の基礎たる事実が開始された時を起算点としなければなりません。時効援用者によって起算日を決める事は出来ません。
4.通行地役権は、継続的に行使され、かつ、外形上認識することができるものに限り、時効によって取得することができる。他の場合は時効取得できません。

2014/10/21 09:27
ID : ffwqkrtewz
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。