過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年度(2010年) 権利関係    宅建 過去問 | 無料の過去問題

問題

AはBから2,000万円を借り入れて土地とその上の建物を購入し、Bを抵当権者として当該土地及び建物に2,000万円を被担保債権とする抵当権を設定し、登記した。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているのはどれか。

 1 . 
AがBとは別にCから500万円を借り入れていた場合、Bとの抵当権設定契約がCとの抵当権設定契約より先であっても、Cを抵当権者とする抵当権設定登記の方がBを抵当権者とする抵当権設定登記より先であるときには、Cを抵当権者とする抵当権が第1順位となる。
 2 . 
当該建物に火災保険が付されていて、当該建物が火災によって焼失してしまった場合、Bの抵当権は、その火災保険契約に基づく損害保険金請求権に対しても行使することができる。
 3 . 
Bの抵当権設定登記後にAがDに対して当該建物を賃貸し、当該建物をDが使用している状態で抵当権が実行され当該建物が競売された場合、Dは競落人に対して直ちに当該建物を明け渡す必要がない。
 4 . 
AがBとは別に事業資金としてEから500万円を借り入れる場合、当該土地及び建物の購入代金が2,000万円であったときには、Bに対して500万円以上の返済をした後でなければ、当該土地及び建物にEのために2番抵当権を設定することはできない。
この宅建 過去問の解説(2件)
2

【答え】4.

1. 正
(民法 第373条)
同一の不動産について数個の抵当権が設定されたときは、その抵当権の順位は、登記の前後によると規定されています。
本問では、Cを抵当権者とする抵当権が第1順位となります。

2. 正
(民法 第304条、372条)
抵当権は、その目的物の売却、賃貸、滅失又は損傷によって債務者が受けるべき金銭その他の物に対しても、行使することができます。ただし、抵当権者は、その払渡し又は引渡しの前に差押えをしなければなりません。
本問では、抵当権者は、火災保険金を差し押さえることができます。
3. 正
(民法 第395条1項一号)
抵当権者に対抗することができない賃貸借により抵当権の目的である建物の使用又は収益をする者であって競売手続の開始前から使用又は収益をする者は、その建物の競売における買受人の買受けの時から6か月を経過するまでは、その建物を買受人に引き渡すことを要しません。

4. 誤
お金を返済した後でなければ、2番抵当権を設定することはできないという規定はありませんので、誤りです。

2014/11/05 18:36
ID : saqzjdhpr
付箋メモを残すことが出来ます。
0

1.登記の先後で順位は決まります。
2.物上代位で行使する事は出来ます。物上代位をなすには保険金がAに払い渡される前に差押えをする必要があります。
3.直ちにではなく、競売人の買い受けから6ヶ月の猶予をDに与えなければいけません。
4.抵当権の順位は各抵当権者の合意で順位変更することができます。(利害関係人がいるときは承諾を得る必要があります。)問題にある500万円以上の返済した後とか関係ありません。

2014/10/21 10:04
ID : ffwqkrtewz
border line
過去問.com 宅建の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この宅建 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。