過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年度(2010年) 宅建業法  過去問題 | 無料の試験問題

問題

宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明を取引主任者が行う場合における次の記述のうち、同条の規定に違反しないものはどれか。

 1 . 
中古マンションの売買の媒介において、当該マンションに係る維持修繕積立金については説明したが、管理組合が保管している維持修繕の実施状況についての記録の内容については説明しなかった。
 2 . 
自ら売主となる新築住宅の売買において、重要事項の説明の時点で瑕疵(かし)担保責任の履行に関する責任保険の契約を締結する予定であることは説明したが、当該責任保険の概要については説明しなかった。
 3 . 
宅地の売買の媒介において、当該宅地が急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律第3条の規定に基づく急傾斜地崩壊危険区域内にあることは説明したが、立木竹の伐採には都道府県知事の許可を受けなければならないことについては説明しなかった。
 4 . 
建物の売買の媒介において、登記された権利の種類及び内容については説明したが、移転登記の申請の時期については説明しなかった。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
3

【答え】4.

1. 違反する
(宅地建物取引業法 第35条1項 六号)
(宅地建物取引業法施行規則 第16条の2 六号)
(宅地建物取引業法施行規則 第16条の2 九号)
宅地建物取引業者は、建物の売買の媒介において、取引主任者をして、当該一棟の建物の計画的な維持修繕のための費用の積立てを行う旨の規約の定めがあるときは、その内容及び既に積み立てられている額の規定の事項について、当該一棟の建物の維持修繕の実施状況が記録されているときは、その内容の説明をさせなければなりません。

2. 違反する
(宅地建物取引業法 第35条1項十三号)
当該宅地又は建物の瑕疵を担保すべき責任の履行に関し保証保険契約の締結その他の措置で国土交通省令・内閣府令で定めるものを講ずるかどうか、及びその措置を講ずる場合におけるその措置の概要を説明する義務があります。

3. 違反する
(宅地建物取引業法 第35条1項二号)
(宅地建物取引業法施工規則 第16条の4の3 1項五号)
(急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律 第7条四号)
都市計画法、建築基準法その他の法令に基づく制限で契約内容の別に応じて政令で定めるものに関する事項の概要を説明する義務があり、急傾斜地崩落危険区域内であることも該当します。
また、急傾斜地の崩落の危険性を高める立木竹の伐採を行うには、都道府県知事の許可が必要なことも説明しなくてはなりません。

4. 違反しない
(宅地建物取引業法 第35条1項一号)
当該宅地又は建物の上に存する登記された権利の種類及び内容並びに登記名義人又は登記簿の表題部に記録された所有者の氏名(法人にあつては、その名称)を説明させなければならないとされています。
移転登記の申請の時期については説明の義務はありません。

2014/11/05 19:51
ID : saqzjdhpr
2

1.管理組合が保管している維持修繕の実施状況についての記録の内容について説明が必要です。
2.瑕疵(かし)担保責任保険の概要について説明が必要です。
3.急傾斜地崩壊危険区域内にあることは説明し、立木竹の伐採には都道府県知事の許可を受けなければならないことについても説明が必要です。
4.移転登記の申請の時期については説明の必要はありません。

2014/10/22 15:12
ID : ffwqkrtewz
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。