過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年度(2010年) 土地建物  過去問題 | 無料の試験問題

問題

土地に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

 1 . 
地すべり地の多くは、地すべり地形と呼ばれる独特の地形を呈し、棚田などの水田として利用されることがある。
 2 . 
谷出口に広がる扇状地は、地盤は堅固でないが、土石流災害に対して安全であることが多い。
 3 . 
土石流は、流域内で豪雨に伴う斜面崩壊の危険性が大きい場所に起こりやすい。
 4 . 
断層地形は、直線状の谷など、地形の急変する地点が連続して存在するといった特徴が見られることが多い。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

【答え】2.

1. 正
地すべり地形のみられる山麓部は、地すべりや崩壊などの危険性があるため、宅地には適していません。

2. 誤
扇状地は、様々な大きさの砂や石で形成されており、比較的安定した地盤で昔から集落が発達していた場所です。
宅地には適していますが、谷の出口に広がる扇状地は土砂災害の危険性があります。

3. 正
土石流とは、集中豪雨などが原因となり発生した山腹崩壊(土砂崩れ)の崩壊土砂が、多量の湧水や表流水を得て流動化し、渓流内に流れ込む自然災害です。

4. 正
断層地形は、断層運動そのものによってできたものと断層破砕帯が侵食されてできた断層線谷などがあり、がけ崩れや土石流の起こる危険性が高いです。

2014/11/05 20:22
ID : saqzjdhpr
0

1.文章の通りです。地すべり地の多くは棚田などの水田として利用されることがあります。
2.谷出口に広がる扇状地は土石流災害に対して危険が高い事があります。
3.文章の通りです。土石流は流域内で豪雨に伴う斜面崩壊の危険性が大きい場所に起こりやすいです。
4.文章の通りです。断層地形は、直線状の谷など、地形の急変する地点が連続して存在するといった特徴が見られることが多いです。

2014/10/25 14:28
ID : ffwqkrtewz
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。