過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成21年度(2009年) 権利関係  過去問題 | 無料の試験問題

問題

法定地上権に関する次の1から4までの記述のうち、民法の規定、判例及び判決文によれば、誤っているものはどれか。
(判決文)
 土地について1番抵当権が設定された当時、土地と地上建物の所有者が異なり、法定地上権成立の要件が充足されていなかった場合には、土地と地上建物を同一人が所有するに至った後に後順位抵当権が設定されたとしても、その後に抵当権が実行され、土地が競落されたことにより1番抵当権が消滅するときには、地上建物のための法定地上権は成立しないものと解するのが相当である。

 1 . 
土地及びその地上建物の所有者が同一である状態で、土地に1番抵当権が設定され、その実行により土地と地上建物の所有者が異なるに至ったときは、地上建物について法定地上権が成立する。
 2 . 
更地である土地の抵当権者が抵当権設定後に地上建物が建築されることを承認した場合であっても、土地の抵当権設定時に土地と所有者を同じくする地上建物が存在していない以上、地上建物について法定地上権は成立しない。
 3 . 
土地に1番抵当権が設定された当時、土地と地上建物の所有者が異なっていたとしても、2番抵当権設定時に土地と地上建物の所有者が同一人となれば、土地の抵当権の実行により土地と地上建物の所有者が異なるに至ったときは、地上建物について法定地上権が成立する。
 4 . 
土地の所有者が、当該土地の借地人から抵当権が設定されていない地上建物を購入した後、建物の所有権移転登記をする前に土地に抵当権を設定した場合、当該抵当権の実行により土地と地上建物の所有者が異なるに至ったときは、地上建物について法定地上権が成立する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

1.文章の通りです。抵当権が設定される前に土地及びその地上建物の所有者が同一である状態で、その実行により土地と地上建物の所有者が異なるに至ったときは、地上建物について法定地上権が成立します。
2.文章の通りです。抵当権の設定後は土地の抵当権設定時に土地と所有者を同じくする地上建物が存在していない以上、地上建物について法定地上権は成立しません。
3.1番抵当権の設定時点で所有者が同一人とならなければ、法定地上権は成立しません。
4.文章の通りです。抵当権設置時に土地の上に建物が立っており、土地と建物が同一人物の所有物であれば法定地上権が成立します。移転登記はされていなくても関係ありません。

2014/11/09 09:22
ID : ffwqkrtewz
0

1.〇そのとおりです。
2.〇法定地上権は、要件を満たした場合に法律上当然に発生するので、当事者の承諾の有無は問題となりません。
3.✖法定地上権が成立するのは、抵当権の設定当時、土地と建物が同一の所有者に属する場合です。抵当権設定当時に、土地と建物が別々の所有者であり、その後、同一の所有者となったとしても、法定地上権は成立しません。
4.〇法定地上権の成立要件は、抵当権の設定当時、土地上に建物が存在することであり、登記の有無は関係ありません。

したがって、3が正解です。

2014/10/25 19:17
ID : vkwhjenv
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。