過去問.com

宅建試験 平成21年度(2009年) 税制    宅建 過去問 | 無料の過去問題

問題

印紙税に係る次の記述のうち、正しいものはどれか。

 1 . 
「平成21年10月1日付建設工事請負契約書の契約金額3,000万円を5,000万円に増額する」 旨を記載した変更契約書は、記載金額2,000万円の建設工事の請負に関する契約書として印紙税が課される。
 2 . 
「時価3,000万円の土地を無償で譲渡する」旨を記載した贈与契約書は、記載金額3,000万円の不動産の譲渡に関する契約書として印紙税が課される。
 3 . 
土地の売却の代理を行ったA社が「A社は、売主Bの代理人として、土地代金5,000万円を受領した」旨を記載した領収書を作成した場合、当該領収書は、売主Bを納税義務者として印紙税が課される。
 4 . 
印紙をはり付けることにより印紙税を納付すべき契約書について、印紙税を納付せず、その事実が税務調査により判明した場合には、納付しなかった印紙税額と同額に相当する過滞税が徴収される。
この宅建 過去問の解説(3件)
3

1.〇変更前と変更後の金額が明らかな場合には、その差額に対して印紙税が課されます。
2.✖贈与契約では、契約金額はないものとして課税されます。
3.✖納税義務者は、文書作成者です。
4.✖印紙税額に加えて、印紙税額の2倍の過怠税が徴収されます。

したがって、正解は1です。

2014/10/28 10:03
ID : vkwhjenv
付箋メモを残すことが出来ます。
1

正解は【1】になります。

1:印紙税法基本通達30条より、契約金額を変更する契約書は、契約書が作成されていて、増加した金額が記載されている場合、増加した金額を記載金額として扱うことになります。ですので、増額分の2,000万円の印紙税が課されます。

2:印紙税基本通達23条より、贈与契約は、契約金額がないものとして取り扱うことになっており、贈与の契約書には、記載金額のない不動産の譲渡の契約書となり、印紙税が課税されます。

3:印紙税法第3条より、契約書等では、課税文書の作成者が納税義務者となることになり、代理人の場合は、代理人自身が納税義務者となります。

4:印紙税法第20条1項より、印紙税を納付すべき者が印紙税を納付せずに、自主的に申告しなかった場合、印紙税の額とその2倍に相当する金額との合計額に相当する過怠税が徴収されます。

2017/06/02 17:51
ID : qurfzfaek
-1

1.文章の通りです。増額の契約書の場合、増加した額に課税される。
2.贈与契約書は記載金額の無い契約書として課税されます。
3.課税対象の文章を作成したものが納税義務者になるので、領収書を作成したAが納税義務者になります。
4.印紙税を納付せず、その事実が税務調査により判明した場合、印紙税額の3倍の額を過怠税として徴収されます。

2014/11/11 10:47
ID : ffwqkrtewz
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 宅建試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この宅建 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。