過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成21年度(2009年) 税制  過去問題 | 無料の試験問題

問題

印紙税に係る次の記述のうち、正しいものはどれか。

 1 . 
「平成21年10月1日付建設工事請負契約書の契約金額3,000万円を5,000万円に増額する」 旨を記載した変更契約書は、記載金額2,000万円の建設工事の請負に関する契約書として印紙税が課される。
 2 . 
「時価3,000万円の土地を無償で譲渡する」旨を記載した贈与契約書は、記載金額3,000万円の不動産の譲渡に関する契約書として印紙税が課される。
 3 . 
土地の売却の代理を行ったA社が「A社は、売主Bの代理人として、土地代金5,000万円を受領した」旨を記載した領収書を作成した場合、当該領収書は、売主Bを納税義務者として印紙税が課される。
 4 . 
印紙をはり付けることにより印紙税を納付すべき契約書について、印紙税を納付せず、その事実が税務調査により判明した場合には、納付しなかった印紙税額と同額に相当する過滞税が徴収される。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

1.〇変更前と変更後の金額が明らかな場合には、その差額に対して印紙税が課されます。
2.✖贈与契約では、契約金額はないものとして課税されます。
3.✖納税義務者は、文書作成者です。
4.✖印紙税額に加えて、印紙税額の2倍の過怠税が徴収されます。

したがって、正解は1です。

2014/10/28 10:03
ID : vkwhjenv
0

1.文章の通りです。増額の契約書の場合、増加した額に課税される。
2.贈与契約書は記載金額の無い契約書として課税されます。
3.課税対象の文章を作成したものが納税義務者になるので、領収書を作成したAが納税義務者になります。
4.印紙税を納付せず、その事実が税務調査により判明した場合、印紙税額の3倍の額を過怠税として徴収されます。

2014/11/11 10:47
ID : ffwqkrtewz
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。