過去問.com

宅建試験 平成21年度(2009年) 宅建業法    宅建 過去問 | 無料の過去問題

問題

宅地建物取引業者Aが行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 1 . 
建物の売買の媒介を行う場合、当該建物が地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律第12条第1項の規定に基づく歴史的風致形成建造物であるときは、Aは、その増築に際し市町村長への届出が必要である旨を説明しなければならない。
 2 . 
建物の売買を行う場合、当該建物について石綿の使用の有無の調査の結果が記録されていないときは、Aは、自ら石綿の使用の有無の調査を行った上で、その結果の内容を説明しなければならない。
 3 . 
建物の貸借の媒介を行う場合、当該貸借の契約が借地借家法第38条第1項の規定に基づく定期建物賃貸借契約であるときは、Aは、その旨を説明しなければならない。
 4 . 
建物の貸借の媒介を行う場合、Aは、当該貸借に係る契約の終了時において精算することとされている敷金の精算に関する事項について、説明しなければならない。
この宅建 過去問の解説(3件)
2

1.文章の通りです。歴史的風致形成建造物であるときは、Aは、その増築に際し市町村長への届出が必要である旨を説明する必要があります。
2.調査まで行う必要はありません。調査記録の有無だけを説明すれば足ります。
3.文章の通りです。定期建物賃貸借契約である旨を説明する必要があります。
4.文章の通りです。敷金の精算に関する事項について、説明しなければなりません。

2014/11/11 13:43
ID : ffwqkrtewz
付箋メモを残すことが出来ます。
1

1.〇法令による制限として説明しなくてはなりません。

2.✖この説明は、石綿の使用記録がある場合にのみ、必要です。

3.〇賃貸借契約が定期賃貸借契約である場合、その旨を説明しなくてはなりません。

4.〇代金、交換差金及び借賃以外に授受される金銭の額及び授受の目的は、説明しなくてはなりません。

正解は、2です。

2014/10/28 14:11
ID : vkwhjenv
0

正解は【2】になります。

1:宅地建物取引業法第35条1項2号及び施行令3条1項12号の5参照より、歴史的風致形成建造物であるときには、その増築の際では市町村長への届出が必要であることを説明しなければなりません。

2:宅地建物取引業法第35条1項14号及び同法施行規則第16条の4の3第3号より、石綿(アスベスト)の使用を重要事項として説明しなければならない場合は、石綿の使用の有無の調査の結果が記録されているときです。その記録がされていない場合は、記録なしと記入するだけでよく、調査を行う義務もありません。

3:宅地建物取引業法第35条1項2号及び、同法施行規則第16条の4の3第9号より、媒介で定期建物賃貸借契約では、重要事項として説明しなければなりません。

4:宅地建物取引業法第35条1項2号及び同法施行規則第16条の4の3第11号より、建物の貸借の媒介では、契約の終了時において精算することとされている敷金の精算に関して、重要事項の説明をしなければなりません。

2017/06/09 10:33
ID : qurfzfaek
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 宅建試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この宅建 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。