過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成21年度(2009年) 宅建業法  過去問題 | 無料の試験問題

問題

自らが売主である宅地建物取引業者Aと、宅地建物取引業者でないBとの間での売買契約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法 (以下この問において「法」という。) の規定によれば、正しいものはどれか。

 1 . 
Aは、Bとの間における建物の売買契約 (代金2,000万円) の締結に当たり、手付金として100万円の受領を予定していた。この場合において、損害賠償の予定額を定めるときは、300万円を超えてはならない。
 2 . 
AとBが締結した建物の売買契約において、Bが手付金の放棄による契約の解除ができる期限について、金融機関からBの住宅ローンの承認が得られるまでとする旨の定めをした。この場合において、Aは、自らが契約の履行に着手する前であれば、当該承認が得られた後は、Bの手付金の放棄による契約の解除を拒むことができる。
 3 . 
Aは、喫茶店でBから宅地の買受けの申込みを受けたことから、翌日、前日と同じ喫茶店で当該宅地の売買契約を締結し、代金全部の支払を受けた。その4日後に、Bから法第37条の2の規定に基づくいわゆるクーリング・オフによる当該契約を解除する旨の書面による通知を受けた場合、Aは、当該宅地をBに引き渡していないときは、代金の全部が支払われたことを理由に当該解除を拒むことはできない。
 4 . 
Aは、Bとの間で宅地の割賦販売の契約 (代金3,000万円) を締結し、当該宅地を引き渡した。この場合において、Aは、Bから1,500万円の割賦金の支払を受けるまでに、当該宅地に係る所有権の移転登記をしなければならない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

1.2000万円の20%まで受領が可能です。よって、400万円が上限です。
2.売主が業者で買主が業者でない場合、買主に不利な特約は無効です。
3.文章の通りです。クーリングオフは代金が全て支払われていても引渡しがされていなければ有効です。
4.割賦販売の場合、代金の30%の支払があるまで所有権を留保しても問題ないので、900万円の支払いを受けるまでに所有権移転登記をしなければなりません。

2014/11/11 14:05
ID : ffwqkrtewz
1

1.✖宅建業者が売主になる場合、損害賠償の予定額は10分の2を超えてはなりません。ですから、300万円ではなく400万円を超えてはなりません。

2.✖手付の放棄による解除に関して、Bに不利な特約は無効です。

3.〇宅建業者の事務所等、クーリングオフができない場所以外で、買い受けの申し込みをした場合、クーリングオフによる解除ができます。ただし、土地の引渡しを受けていれば、クーリングオフはできません。

4.✖宅建業者が割賦販売を行う場合、宅建業者は、買主に宅地を引き渡す時までに、移転登記をしなくてはなりません。

正解は3です。

2014/10/28 15:22
ID : vkwhjenv
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。