過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問 平成29年度(2017年) 権利関係 問15

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
農地に関する次の記述のうち、農地法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。
   1 .
市街化区域内の農地を耕作のために借り入れる場合、あらかじめ農業委員会に届出をすれば、法第3条第1項の許可を受ける必要はない。
   2 .
市街化調整区域内の4ヘクタールを超える農地について、これを転用するために所有権を取得する場合、農林水産大臣の許可を受ける必要がある。
   3 .
銀行から500万円を借り入れるために農地に抵当権を設定する場合、法3条第第1項又は第5条第1項の許可を受ける必要がある。
   4 .
相続により農地の所有権を取得した者は、遅滞なく、その農地の存する市町村の農業委員会にその旨を届け出なければならない。
( 宅建試験 平成29年度(2017年) 権利関係 問15 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

34
正解は【4】になります。

1:農地法第3条には農地又は採草放牧地の権利移動の制限についてあり、農地を農地のまま権利移動する場合は第3条の許可が必要であり、届け出だけでよいということはありません。

2:農地法第5条では、農地又は採草放牧地の転用のための権利移動の制限についてあり、転用するために所有権を取得する場合の許可権を持っているのは、都道府県知事等にあたります。農林水産大臣が許可権を持っているわけではありません。

3:農地法第3条第1項と第5条第1項の許可を受ける場合には、農地の使用人や、その収益をあげる者が変更する際、必要となります。今回の選択肢の場合、抵当権の設定となると、農地の使用人や、収益をあげる者は同一人物であるため、特に許可は必要ないということになります。

4:農地法第3条では、農地又は採草放牧地の権利移動の制限についてあり、原則的に当事者が農業委員会の許可を受けなければならないことになっておりますが、相続による農地取得に関しては、この許可は必要ないとされております。ただ、その農地の存する市町村の農業委員会には、届出をしなければなりません。
付箋メモを残すことが出来ます。
18

正解:4

1:誤りです。

農地法3条に市街化区域内の届出の特例はありません。

市街化域内の農地を耕作のために借り入れる場合、農業委員会の許可を受けなければなりません。

2:誤りです。

農地を転用するために所有権を移転するときは、農地の面積に関係なく、都道府県知事の許可を受けなければなりません。

また、4haを超える農地の転用を許可しようとするときは、あらかじめ農林水産大臣に協議しなければなりません。

3:誤りです。

抵当権を設定するために農地法3条、5条の許可を受ける必要はありません。

4:正しいです。

相続により農地の所有権を取得した者は、遅滞なく農地の存在する市町村の農業委員会にその旨を届ける必要があります。

8
1、誤り。市街区域内の農地を耕作のために借り入れる場合、あらかじめ農業委員会に届出をしても、法第3条第1項の許可を受ける必要があります。

2、誤り。市街化調整区域内の4ヘクタールを超える農地について、これを転用するために所有権を取得する場合、都道府県知事の許可を受ける必要があります。

3、誤り。銀行から500万円を借り入れるために農地に抵当権を設定する場合、法第3条第1項または第5条第1項の許可を受ける必要はありません。抵当権は、目的物である不動産の占有を移転せず、その使用収益関係になんら変更を生じさせない事から農業委員会などの許可を受ける必要がありません。

4、正しい。相続により農地の所有権を取得した者は、遅滞なく、その農地の存する市町村の農業委員会にその旨を届け出なければなりません。(3条の2第1項)
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この宅建 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。