過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問 令和2年度10月実施分(2020年) 宅建業法 問29

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
宅地建物取引業者Aが、BからB所有の住宅の売却の媒介を依頼された場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはいくつあるか。

ア  Aは、Bとの間で専任媒介契約を締結し、所定の事項を指定流通機構に登録したときは、その登録を証する書面を遅滞なくBに引き渡きなければならない。
イ  Aは、Bとの間で媒介契約を締結したときは、当該契約が国土交通大臣が定める標準媒介契約約款に基づくものであるか否かの別を、法第34条の2第1項の規定に基づき交付すべき書面に記載しなければならない。
ウ  Aは、Bとの間で専任媒介契約を締結するときは、Bの要望に基づく場合を除き、当該契約の有効期間について、有効期間満了時に自動的に更新する旨の特約をすることはできない。
エ  Aは、Bとの間で専属専任媒介契約を締結したときは、Bに対し、当該契約に係る業務の処理状況を1週間に1回以上報告しなければならない。
   1 .
一つ
   2 .
二つ
   3 .
三つ
   4 .
四つ
( 宅建試験 令和2年度10月実施分(2020年) 宅建業法 問29 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

14
正解は3です。
以下、解説になります。

ア. 正しいです。
本選択肢の通りです。
物件を登録すると指定流通機構からその登録を証する書面が発行されるので、宅地建物取引業者Aはこの書面を遅滞なくBに引き渡さなければなりません。

イ. 正しいです。
本選択肢の通りです。
当該契約が、国土交通大臣が定める標準媒介契約約款に基づくものであるか否かの別を記載する必要があります。

ウ. 誤りです。
専任媒介契約の有効期間について、有効期間満了時に自動的に更新する旨の特約はできません。
そのため契約の継続が必要な場合には、依頼者から申し出ることによって改めて契約を更新する必要があります。

エ. 正しいです。
専属専任媒介契約では、当該契約に係る業務の処理状況を1週間に1回以上報告しなければなりません。

正しいのは、選択肢ア・イ・エなので、答えは 3 .三つになります。
付箋メモを残すことが出来ます。
6

正解は3です。

ア.正しいです。

専任媒介契約に基づき、指定流通機構(通称:レインズ)に登録が行われた場合、指定流通機構は遅滞なく、登録を行った宅建業者に登録済証を発行し、それを受け取った宅建業者は遅滞なく依頼主に登録済証を交付しなくてはなりません(宅建業法34条の2第6項、および50条の6、過去に依頼主への登録済証の提示で足りるか、それとも交付まで必要かを問う問題が出されたので、注意しましょう)ので、正しいです。

イ.正しいです。

宅建業法ではなく政省令レベルでの定めなのですが、媒介契約書面には標準媒介契約約款に基づいて結ばれた契約か否かを記載しなくてはならないとされているため、正しいです(用いなくても良い点に注意)。

ウ.「Bの要望に基づく場合」であっても、自動更新特約はできないので、誤りです。

契約の有効期間は3か月を超えることができません(宅建業法34条の2第3項)。

これは、依頼主が契約に長期間拘束されてトラブルとなることを防ぐ趣旨ですので、当然、依頼主の申出なしに行われる更新(自動更新)もできないことになります。

エ.正しいです。

専任媒介契約なら2週間に1回専属専任媒介契約なら1週間に1回の報告義務があります(宅建業法34条の2第9項)。

本件では専属専任媒介契約なので、1週間に1回です。

2

「媒介」がキーワードのこの問題。

媒介とは不動産の仲介のように、売り主と買主の契約を取り持つことです。

正解は3です。

ア 正しい

専任媒介契約とは原則として1つの宅建業者にしか依頼できない媒介契約のことです。

専任媒介契約を結ぶと、依頼者(売り主)は他の宅建業者と契約することができません。

つまり専任契約は、宅建業者がその依頼主を他の宅建業者に取られないようにするためのものなのですね。

「(専属)専任媒介契約」を結ぶと5~7営業日以内に指定流通機構(レインズ、不動産流通標準情報システム)に登録する必要があります。

そしてその登録を証する書面を、遅滞なく依頼主に引き渡きなければなりません。

イ 正しい

「媒介契約を締結したときは、当該契約が国土交通大臣が定める標準媒介契約約款に基づくものであるか否かの別を交付すべき書面に記載しなければならない」

選択肢の通りです。このまま覚えましょう。

ウ 誤り

専任媒介契約を締結するときは、依頼主の要望にであっても有効期間満了時に自動的に更新する旨の特約をすることはできません。

エ 正しい

専属専任媒介契約を結ぶと、1週間に1回以上報告する必要があります。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この宅建 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。