過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問 令和3年度(2021年) 法令制限 問22

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
国土利用計画法第23条の届出(以下この問において「事後届出」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市にあってはその長をいうものとする。
   1 .
土地売買等の契約を締結した場合には、当事者のうち当該契約による権利取得者は、その契約を締結した日の翌日から起算して3週間以内に、事後届出を行わなければならない。
   2 .
都道府県知事は、事後届出をした者に対し、その届出に係る土地に関する権利の移転若しくは設定後における土地の利用目的又は土地に関する権利の移転若しくは設定の対価の額について、当該土地を含む周辺の地域の適正かつ合理的な土地利用を図るために必要な助言をすることができる。
   3 .
事後届出が必要な土地売買等の契約を締結したにもかかわらず、所定の期間内に当該届出をしなかった者は、都道府県知事からの勧告を受けるが、罰則の適用はない。
   4 .
宅地建物取引業者Aが所有する準都市計画区域内の20,000m2の土地について、10,000m2をB市に、10,000m2を宅地建物取引業者Cに売却する契約を締結した場合、B市は事後届出を行う必要はないが、Cは一定の場合を除き事後届出を行う必要がある。
( 宅建試験 令和3年度(2021年) 法令制限 問22 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (2件)

7

正解は、4になります。

事後届出とは、簡単にいいますと、土地や建物の売買が適正に行われているかを規制する制度になります。

1、誤りです。

問いの届出義務は権利取得者で正しいですが、後半部分の「契約を締結した日の翌日から起算して3週間以内」ではなく締結した日から起算して2週間以内が正解になります。

2、誤りです。

都道府県知事が必要な助言で出来る事に、対価の額については含まれていませんので、誤りになります。

3、誤りです。

届出をしなかった場合、6ヶ月以内の懲役又は100万円以下の罰金が課されますので誤りの記述になります。

但し、契約は有効ですので注意が必要です。

4、正しいです。

都市計画区域外(準都市計画区域を含む)10,000㎡以上ですと届出が必要になります。

因みに、市街化区域ですと2,000㎡以上市街化区域以外の都市計画区域内ですと5,000㎡以上で届出が必要になります。

契約者の一方又は双方が国もしくは地方公共団体でしたら事後届出は不要になります。

もう一人C(宅建業者)になりますので事後届出が必要になるため、正しい記述になります。

付箋メモを残すことが出来ます。
3

正解は、4です。

1、誤り

 事後届出は締結した日から起算して2週間以内に、行わなければならないのであって、締結日の翌日から起算して3週間以内、ではありません。

 従って、本選択肢は誤りです。

2、誤り

 都道府県知事が、助言や勧告ができるのは、土地の使用目的です。対価の額については助言等できません

 従って、本選択肢は誤りです。

3、誤り

 事後届出を怠った場合、罰則規定があります。6ヶ月以下の懲役又は100万円以下の罰金です。

 従って、本選択肢は誤りです。 

4、正しい

 準都市計画区域内であれば、10,000m2以上の土地であれば、事後届出が必要です。しかし、双方又は片方が、国や地方公共団体である場合は、届出不要です。したがってB市への売却は届出が不要で、宅建業者Cへの売却に関してのみ、事後届出が必要です。

 従って、本選択肢は正しいです。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この宅建 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。