過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問 令和3年度(2021年) 宅建業法 問39

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者Bの媒介により、宅地建物取引業者ではないCを買主とするマンションの売買契約を締結した場合における宅地建物取引業法第37条の2の規定に基づくいわゆるクーリング・オフについて告げるときに交付すべき書面(以下この問において「告知書面」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
告知書面には、クーリング・オフによる買受けの申込みの撤回又は売買契約の解除があったときは、Aは、その買受けの申込みの撤回又は売買契約の解除に伴う損害賠償又は違約金の支払を請求することができないことを記載しなければならない。
   2 .
告知書面には、クーリング・オフについて告げられた日から起算して8日を経過するまで.の間は、Cが当該マンションの引渡しを受け又は代金の全部を支払った場合を除き、書面によりクーリング・オフによる買受けの申込みの撤回又は売買契約の解除を行うことができることを記載しなければならない。
   3 .
告知書面には、Cがクーリング・オフによる売買契約の解除をするときは、その旨を記載した書面がAに到達した時点で、その効力が発生することを記載しなければならない。
   4 .
告知書面には、A及びBの商号又は名称及び住所並びに免許証番号を記載しなければならない。
( 宅建試験 令和3年度(2021年) 宅建業法 問39 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (2件)

8

正解は、1になります。

1、正しいです。

クーリング・オフの告知書面には、その買受けの申込みの撤回又は売買契約の解除に伴う損害賠償又は違約金の支払を請求することができない旨の記載が必要です。

2、誤りです。

問いの「Cが当該マンションの引渡しを受け又は代金の全部を支払った場合を除き」の又はが誤りになります。

渡しを受けかつ代金の全部が正しい文になります。

引き渡しを受けても、全額支払いが済んでいないのであればクーリング・オフ制度は適用する事が出来ます。

3、誤りです。

問いの「その旨を記載した書面がAに到達した時点で、その効力が発生する」ではなく、Cが書面を発した時にその効力が発生しますので誤りとなります。

4、誤りです。

告知書面の記載事項としましては、売主・買主のみになりますので、媒介をした宅建業者Bの名称等は必要ありませんので誤りとなります。

付箋メモを残すことが出来ます。
3

正解は、1です。

1、正しい

 その通りです。「クーリング・オフがあったときに、売主(A)は、その買受けの申込みの撤回、又は売買契約の解除に伴う損害賠償、又は違約金の支払を、請求することができないこと」を記載しなければなりません。

 従って、本選択肢は正しいです。

2、誤り

 クーリングオフが出来なくなるのは、「Cが当該マンションの引渡しを受け又は代金の全部を支払った場合」ではなく「Cが当該マンションの引渡しを受けかつ代金の全部を支払った場合」が正しいです。

 従って、本選択肢は誤りです。

3、誤り

 クーリング・オフの効力発生は、書面がAに到達した時点ではなく、Cが書面を発した時点です。

 従って、本選択肢は誤りです。 

4、誤り

  告知書面には、媒介したBの商号又は名称及び住所並びに免許証番号は不要です。売主Aの分だけが必要です。

 従って、本選択肢は誤りです。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この宅建 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。