過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問 令和3年度(2021年) 土地建物 問49

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
森林は、木材資源としても重要で、水源涵養、洪水防止等の大きな役割を担っている。
   2 .
活動度の高い火山の火山麓では、火山活動に伴う災害にも留意する必要がある。
   3 .
林相は良好でも、破砕帯や崖錐等の上の杉の植林地は、豪雨に際して崩壊することがある。
   4 .
崖錐や小河川の出口で堆積物の多い所等は、土石流の危険が少ない。
( 宅建試験 令和3年度(2021年) 土地建物 問49 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (2件)

2

正解は、4になります。

1、正しいです。

記述通りです。

住宅等の木材資源でも重要な存在ですし、水源涵養、洪水防止等に対しての役割も大きいですので正しい記述となります。

2、正しいです。

活動度の高い火山では、噴石や火山流のリスクが高いですので留意する必要がありますので、正しい記述となります。

3、正しいです。

破産帯とは、岩石が破壊された帯状の部分の事を指します。地滑りが起きやすいので豪雨などでは崩壊する危険があります。

崖錐とは、急な崖の下に岩等が堆積し、半円錐状になっている地形の事を指します。堆積した上の方は砂で覆われていますので、豪雨等では危険になります。

4、誤りです。

こういった出口辺りに堆積物が溜まっていますと、豪雨等で一気に流れてしまう危険が大きいですので注意が必要です。

付箋メモを残すことが出来ます。
1

正解は、4です。

1、正しい

 森林は、木材資源としても重要ですし、水源涵養、洪水防止等の役割も担っています。

 従って、本選択肢は正しいです。

2、正しい

 活動度の高い火山の火山麓では、火山活動に伴う災害にも留意する必要があります。

 従って、本選択肢は正しいです。

3、正しい

 破砕帯や崖錐等は、細かい岩石が集まった軟弱な地質と言えますので、豪雨に際して崩壊する危険性があります。

 従って、本選択肢は正しいです。 

4、誤り

 崖錐や小河川の出口で堆積物の多い所は、豪雨で河川の水量が増した際、堆積物が一気に流れ出す可能性があり、土石流の危険性が高い場所といえます。

 従って、本選択肢は誤りです。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この宅建 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。