過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問 令和3年度(2021年) 土地建物 問50

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
建物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
鉄骨構造は、主要構造の構造形式にトラス、ラーメン、アーチ等が用いられ、高層建築の骨組に適している。
   2 .
鉄骨構造の床は既製気泡コンクリート板、プレキャストコンクリート板等でつくられる。
   3 .
鉄骨構造は、耐火被覆や鋼材の加工性の問題があり、現在は住宅、店舗等の建物には用いられていない。
   4 .
鉄骨構造は、工場、体育館、倉庫等の単層で大空間の建物に利用されている。
( 宅建試験 令和3年度(2021年) 土地建物 問50 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (2件)

3

正解は、3です。

1、正しい

 鉄骨構造は、主要構造の構造形式にトラス、ラーメン、アーチ等が用いられ、比較的軽量で安価なため、高層建築の骨組に適しています。

 従って、本選択肢は正しいです。

2、正しい

 鉄骨構造の床は、コンクリートの内部に気泡を入れて軽量化した既製気泡コンクリート板や、あらかじめ成形されたプレキャストコンクリート板等でつくられています。これらはパネル状になっており、現場でコンクリートが固まるのを待つ必要がないため、工期の短縮にもつながります。

 従って、本選択肢は正しいです。

3、誤り

 鉄骨構造は、耐火性が低いので耐火被覆の必要がありますが、鋼材の加工性は高いので住宅、店舗等の建物にも用いられています。

 従って、本選択肢は誤りです。 

4、正しい

 鉄骨構造は、工場、体育館、倉庫等の単層で大空間の建物にも利用されています。

 従って、本選択肢は正しいです。

付箋メモを残すことが出来ます。
2

正解は、3になります。

1、正しいです。

鉄骨構造は、工場で大量生産され、品質も安定しておりますので建設費用を抑えられます。

また強度も高いですので耐震性も高く、高層建築物に向いています。

2、正しいです。

既製気泡コンクリート板とは、コンクリートの一種になりまして、材料を高温にて発泡し、密度を低くして固めたものですので、軽く断熱性の高いパネル版となっています。

建物の外装や床、間切版など様々な場所で使われています。

プレキャストコンクリート板とは、工場で生産されていますので、品質が一定で、ひび割れも初期発見されやすい板になります。

3、誤りです。

耐火性は問題ありますが、通常耐火被覆の処理を行います。

また住宅や店舗でも用いられていますので、誤りの記述となります。

4、正しいです。

鉄骨構造は柱が強いですので空間も大きくとれ、工場、体育館、倉庫等に適しています。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この宅建 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。