過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第14827問」を出題

問題

感染症法の 3類感染症の原因となる微生物として、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
 1 . 
黄色ブドウ球菌
 2 . 
腸炎ビブリオ
 3 . 
腸管出血性大腸菌
 4 . 
ノロウイルス
( 調理師試験 平成25年度 公衆衛生学 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(4件)

評価する
40
評価しない
正解は(3)です。

この問題では、第3類の感染症が何かを覚えるより、腸管出血性大腸菌がどんなものかを、理解することが大事です。

・第3類感染症である。
・診断した医師は直ぐに、保健所に届け出ることが義務づけられている。
・ベロ毒素を作る。
・取り込んだ菌の数が少なくても発症する。
・酸に強く、熱に弱い(胃酸では死なずに腸まで届く)。
・2~9日程の潜伏期間の後、激しい腹痛と下痢、血便が主症状。
評価後のアイコン
2014/07/27 22:20
ID : nqefpnql
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
33
評価しない
3類感染症に指定されているのは次のものです。
コレラ・赤痢(細菌性赤痢)、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス

腸管出血性大腸菌感染症の主な例は、
O-157、O-145、O-111等があります。

3類感染症は覚えておいて損はないと思います。
評価後のアイコン
2014/08/03 01:22
ID : irsfthlldp
評価する
13
評価しない
正解は3です。

その他の原因となる微生物は、
コレラ
赤痢(細菌性赤痢)
腸管出血性大腸菌感染症
腸チフス
パラチフス
です。
評価後のアイコン
2014/07/11 14:32
ID : ybtmzmqlgt
評価する
2
評価しない
腸管出血性大腸菌による感染症は「第三類感染症」で、あとの3つは「第五類感染症」に分類される「感染性胃腸炎」に該当しています。

感染症は、感染症法によって第一~第五類の5種類と、ほかに指定感染症、新感染症の7つに分類されています。
第一~第五類感染症は、感染力や危険性によって5段階に分類され、第一類が最も危険性が高いです。

感染症の分類を覚えていなくても、(1)~(4)の中では、他の3つに比べて(3)腸管出血性大腸菌による感染症が重篤になりやすく危険性が高いので、(3)だけ異種と考えて解答に選択することもできます。

参考までに感染症の一部を載せておきます。

第一類…総合的にみて極めて危険性の高い感染症(エボラ出血熱、ペストなど)
第二類…危険性の高い感染症(鳥インフルエンザ、SARS、結核など)
第三類…第一、第二類ほど危険性が高くはなく、集団感染を起こす可能性が高いもの
   (腸管出血性大腸菌感染症、コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、パラチフス)
第四類…動物や飲食物を介してヒトに感染する恐れのある感染症
(A型肝炎、E型肝炎、デング熱、日本脳炎など)
第五類…国が感染症の発症動向を把握して公開し、発症を予防する必要のあるもの
(感染性胃腸炎、インフルエンザ、手足口病など)
評価後のアイコン
2018/01/12 22:45
ID : bbxjyqrbfx
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この調理師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。