過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第14970問」を出題

問題

[ 設定等 ]
着色料に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
   1 .
着色料は、食肉や魚介類への使用が禁止されている。
   2 .
天然色素は、食品に使用した際の表示が省略できる。
   3 .
化学的合成品は、熱や光に対して不安定で退色しやすい。
   4 .
タール系色素は、添加物として指定されていない。
( 調理師試験 平成23年度 食品衛生学 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
58
評価しない
正解は(1)です。

肉や魚は、色で鮮度を見ますよね。
肉や魚に着色料を使用しては、鮮度をごまかすことになるので、使用は禁止されています。

しかし、肉でもハムやソーせージ、魚でもすり身の加工品などには、着色料が使用できますので、引っかからないようにしましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
28
評価しない
正解は(1)です。

(1)正解です。着色料は、生鮮食品などに使用することで、品質や鮮度において消費者の判断を誤らせる可能性があることから、使用が禁止されています。

(2)誤りです。天然色素は、食品に使用した際の表示が義務づけられています。

(3)誤りです。合成着色料は熱や光には安定で、退色しにくいです。天然色素は熱や光、pHによって退色しやすい問題があります。

(4)誤りです。タール系色素は、添加物として指定されています。
評価後のアイコン
評価する
12
評価しない
正解は 1 です。

 食肉や魚介類、野菜類への使用は禁じられています。

 考えてみれば当たり前なのですが、これらの加工前の生鮮食品に着色料を使用されてしまうと、見た目では鮮度がわからなくなってしまいます。

2: 天然であろうと合成であろうと着色料の使用は表示が義務付けられています。

3: この説明は天然着色料に言えることです。合成着色料はむしろ化学的には安定していることが多いです。

4: 使用自体の禁止はされていませんが、安全性については疑問視されており、近年は代替色素が使用されることが増えています。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
(1) 着色料は、食肉や魚介類への使用が禁止されている。
が正解です。

着色料は、美味しそうに見せ、食生活を豊かにする役割がありますが、食肉や魚介類に着色料を使用すると、鮮度や品質が正しく判断できなくなってしまうので、使用が禁止されています。

(2)× 着色料には合成色素と天然色素がありますが、使用した着色料については、どれも必ず表示しなければなりません。

(3)× 逆で、化学合成品は、熱や光に対して安定しているので、退色しにくいです。

(4)× 12種類のタール系色素が食品添加物に指定されています。
菓子、加工食品などに使用されますが、一部の食品に添加することが禁じられています。
(野菜・食肉・鮮魚・豆類・海藻類・カステラ・スポンジケーキ・マーマレード・のり・みそ などには添加できません。)
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。