過去問.com

調理師試験 平成23年度 食品衛生学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

植物性自然毒に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。

 1 . 
ドクゼリは、シクトキシンを含有する。
 2 . 
ジャガイモの芽は、アコニチンを含有する。
 3 . 
トリカブトは、テトラミンを含有する。
 4 . 
五色豆(ビルマ豆)は、ソラニンを含有する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
15

正解は(1)です。

(1)正解です。ドクゼリは、シクトキシンを含有しています。毒性は強く、嘔吐や下痢、腹痛のほか、意識障害や呼吸困難となる例も認められています。

(2)誤りです。ジャガイモの芽や根は、ソラニンを多く含有しています。アコニチンは、トリカブトに含まれる毒成分で、非常に強力な毒性があります。

(3)誤りです。トリカブトは、アコニチンを含有しています。テトラミンはバイ貝の唾液腺に含まれる毒成分で、死亡に至ることはありませんが頭痛や船酔い感などが出現します。

(4)誤りです。五色豆(ビルマ豆)は、リナマリンを含有しています。リナマリンは青酸配糖体であり、それ自体では毒性はありませんが腸内に入ることでシアン化水素に変化し、毒性を持ちます。

2015/06/01 14:15
ID : yctvybowqd
7

正解は(1)です。

ドクゼリ - シクトキシン
ジャガイモ - ソラニン
トリカブト - アコニチン
五色豆 - リナマリン
ツブ貝 - テトラミン

正しい組み合わせを、覚えておくことが大事です。

2014/07/17 22:30
ID : nqefpnql
5

正解は 1 です。

 この問題を消去法で解くことができます。

 まず、解答欄の中でもっとも頻出する組み合わせが
「ジャガイモの芽=ソラニン」
「トリカブト=アコニチン」
この二つです。2番と3番はそもそも組み合わせがおかしく、4番の五色豆もソラニンではありませんので、結果1番の組み合わせが正しいことがわかります。

 また、植物性自然毒の項目で他にも頻出するのが、
「青梅=アミグダリン」
「五色豆(ビルマ豆)=リナマリン」
「チョウセンアサガオ=ヒオスチアミン」
があります。

2016/02/23 16:24
ID : hswrgknw
border line
調理師試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。