過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問 平成25年度 衛生法規 問5

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
調理師免許の申請先として、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
   1 .
受験地の都道府県知事
   2 .
住所地の都道府県知事
   3 .
就業地の都道府県知事
   4 .
本籍地の都道府県知事
( 調理師試験 平成25年度 衛生法規 問5 )

この過去問の解説 (4件)

評価する
148
評価しない
正解は(2)です。

調理師法は、頻出の問題です。
1つ1つ、条文を丁寧に読み込んでおきましょう。

調理師法の条文には、都道府県知事に申請するとは書かれていますが、どこの都道府県知事かは書いていないので、なかなか判断つきません。

しかし、調理師試験を受ける時に、受験要綱に、合格した場合はどこに申請するか書かれています。

そこでは、住民票のある都道府県知事に申請する事になっています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
46
評価しない
正解は2。

住民票のある都道府県で調理師免許の申請をします。
卒業した養成施設の所在地や試験を受験した都道府県ではありません。
評価後のアイコン
評価する
34
評価しない
調理師免許の申請は住民票のある都道府県で行います。
評価後のアイコン
評価する
25
評価しない
(2) 「住所地の都道府県知事」が正解です。

調理免許の申請先は、住所地(お住まいの地域)が管轄になっています。
現在住民票のある自治体の都道府県知事に申請します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この調理師 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。