過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

技術士の過去問 令和元年度(2019年) 基礎科目「環境・エネルギー・技術に関するもの」 問27

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
2015年7月に経済産業省が決定した「長期エネルギー需給見通し」に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
   1 .
2030年度の電源構成に関して、総発電電力量に占める原子力発電の比率は20-22%程度である。
   2 .
2030年度の電源構成に関して、総発電電力量に占める再生可能エネルギーの比率は22-24%程度である。
   3 .
2030年度の電源構成に関して、総発電電力量に占める石油火力発電の比率は25-27%程度である。
   4 .
徹底的な省エネルギーを進めることにより、大幅なエネルギー効率の改善を見込む。これにより、2013年度に比べて2030年度の最終エネルギー消費量の低下を見込む。
   5 .
エネルギーの安定供給に関連して、2030年度のエネルギー自給率は、東日本大震災前を上回る水準(25%程度)を目指す。ただし、再生可能エネルギー及び原子力発電を、それぞれ国産エネルギー及び準国産エネルギーとして、エネルギー自給率に含める。
( 技術士 第一次試験 令和元年度(2019年) 基礎科目「環境・エネルギー・技術に関するもの」 問27 )

この過去問の解説 (2件)

評価する
7
評価しない

エネルギー需給についても、技術士試験では頻出の問題です。特に、東日本大震災以降、日本そして世界において、電源供給についての考え方が大きく変化していますので、その流れをしっかりと掴んで試験対策をしていきましょう。

問題文で取り上げられている、「2015年7月に経済産業省が決定した「長期エネルギー需給見通し」」については以下のリンクで閲覧することができます。

https://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/mitoshi/pdf/report_01.pdf

こちらをもとに各選択肢が適切かどうかを判断していきます。

1. 適切な記述です。7ページの図を参照してください。

2. 適切な記述です。7ページの図を参照してください。

3. 不適切な記述です。7ページの図によると、石油火力発電の比率は3%程度となっています。

4. 適切な記述です。5ページの図を参照してください。

5. 適切な記述です。3ページに記載があります。

以上より、この問題の正解選択肢は3.となります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

<正解>3

[解説]

2015年7月に経済産業省が決定した「長期エネルギー需給見通し」に関する問題です。

各選択肢の記述内容の正誤は、以下のとおりです。

1.適切な記述です。

2030年度の電源構成に関して、総発電電力量に占める原子力発電の比率は20~22%程度になっています。

よって、適切な記述です。

2.適切な記述です。

2030年度の電源構成に関して、総発電電力量に占める再生可能エネルギーの比率は22~24%程度になっています。

よって、適切な記述です。

3.不適切な記述です。

2030年度の電源構成に関して、総発電電力量に占める石油火力発電の比率は3%程度になっています。

よって、不適切な記述です。

4.適切な記述です。

徹底的な省エネルギーを進めることにより、大幅なエネルギー効率の改善を見込んでいます。具体的には、5,030万kl程度の省エネルギーを実施することを見込んでいます。

よって、適切な記述です。

5.適切な記述です。

エネルギーの安定供給に関連して、2030年度のエネルギー自給率は、東日本大震災前を上回る水準(25%程度)まで改善することを目指しています。

エネルギー自給率には、再生可能エネルギーを国産エネルギーとして、原子力発電を準国産エネルギーとして、エネルギー自給率に含めています。

よって、適切な記述です。

したがって、不適切な記述は3となり、3が正解となります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この技術士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。