過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成20年度(2008年) 税制    宅建 過去問 | 無料の過去問題

問題

所得税法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 1 . 
譲渡所得の長期 ・ 短期の区分について、総合課税とされる譲渡所得の基因となる機械の譲渡は、譲渡のあった年の 1月1日において所有期間が5年を超えているか否かで判定する。
 2 . 
譲渡所得の金額の計算上、資産の譲渡に係る総収入金額から控除する資産の取得費には、その資産の取得時に支出した購入代金や購入手数料等の金額は含まれるが、その資産の取得後に支出した設備費、改良費の額は含まれない。
 3 . 
総合課税の譲渡所得の特別控除額 (50万円) は、譲渡益のうちまず長期譲渡に該当する部分の金額から控除し、なお控除しきれない特別控除額がある場合には、短期譲渡に該当する部分の金額から控除する。
 4 . 
個人に対して、譲渡所得の基因となる資産をその譲渡の時における価額の2分の1に満たない金額で譲渡した場合において、その譲渡により生じた損失の金額については、譲渡所得の金額の計算上、なかったものとみなされる。
この宅建 過去問の解説(3件)
2

1.×土地建物以外の資産については譲渡した日における譲渡期間で長期・短期の区分が判断されます。土地建物の場合は、設問どおりで正しいです。
2.×取得費にはその資産の取得後に支出した設備費、改良費の額も含まれます。
3.×、譲渡益のうちまず短期譲渡に該当する部分の金額から控除し、なお控除しきれない特別控除額がある場合には、長期譲渡に該当する部分の金額から控除します。短期と長期が逆となります。
4.○文章のとおりです。

2014/11/26 04:06
ID : fjxabcufzq
付箋メモを残すことが出来ます。
2

正解は 4 です。

所得税法第59条第2項で、設問のように規定します。なお、同法で規定されている著しく低い対価として政令で定める額は、所得税法施行令第169条により、譲渡所得の基因となる資産をその譲渡の時における価額の2分の1に満たない金額とされています。

1.土地建物については設問の規定が当てはまります。しかし、機械については、設問の規定は適用されません。

2.その資産の取得後に支出した設備費、改良費も取得費に含まれます。

3.総合課税の譲渡所得の特別控除額は、譲渡益のうち、まず短期譲渡に該当する部分の金額から控除し、なお控除しきれない特別控除額がある場合には、長期譲渡に該当する部分の金額から控除します。

2014/11/05 14:08
ID : vkwhjenv
1

1.土地建物以外の資産の譲渡所得の場合、所有期間は、譲渡した日における所有期間です。資産の取得の日以後5年以内であるかどうかで判定します。
2.資産の取得後に支出した設備費、改良費の額も含まれます。
3.長期譲渡からではなく、短期譲渡から控除します。
4.文章の通りです。個人に対して譲渡時の価額の2分の1未満の額で譲渡した場合、譲渡で生じた損失はなかったものとみなされます。

2014/11/18 09:37
ID : ffwqkrtewz
border line
過去問.com 宅建の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この宅建 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。