過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成20年度(2008年) 土地建物  過去問題 | 無料の試験問題

問題

土地の形質に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 1 . 
地表面の傾斜は、等高線の密度で読み取ることができ、等高線の密度が高い所は傾斜が急である。
 2 . 
扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になるのが特徴的である。
 3 . 
等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は尾根で、山頂から見て等高線が張り出している部分は谷である。
 4 . 
等高線の間隔の大きい河口付近では、河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

1.○文章のとおりです。等高線の間隔が密になっている部分は傾斜が急です。
2.○文章のとおりです。扇状地は山地から平野部の出口にできた扇形の堆積地形で、等高線が同心円状になるのが特徴的です。
3.×等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は「谷」で、山頂から見て等高線が張り出している部分は「尾根」である。谷と尾根が逆です。
4.○文章のとおりです。

2014/11/26 05:02
ID : fjxabcufzq
1

正解は 3 です。

等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は谷で、山頂から見て等高線が張り出している部分が尾根です。

1.等高線の密度が高いところは傾斜が急です。

2.扇状地では、等高線が同心円状になります。

4.河口付近では、等高線の間隔が大きくなります。

2014/11/06 16:30
ID : vkwhjenv
-1

1.文章の通りです。地表面の傾斜は、等高線の密度で読み取ることができ、等高線の密度が高い所は傾斜が急です。
2.文章の通りです。扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になるのが特徴的です。
3.山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は谷で、等高線が張り出している部分は尾根です。
4.文章の通りです。等高線の間隔の大きい河口付近では、河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなります。

2014/11/18 22:17
ID : ffwqkrtewz
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。