過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問 平成25年度(2013年) 宅建業法 問36

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
宅地建物取引業者A社が行う業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定に違反しないものはどれか。なお、この問において「37条書面」とは、法第37条の規定により交付すべき書面をいうものとする。
   1 .
A社は、宅地の売買の媒介に際して、売買契約締結の直前に、当該宅地の一部に私道に関する負担があることに気付いた。既に買主に重要事項説明を行った後だったので、A社は、私道の負担に関する追加の重要事項説明は行なわず、37条書面にその旨記載し、売主及び買主の双方に交付した。
   2 .
A社は、営業保証金を供託している供託所及びその所在地を説明しないままに、自らが所有する宅地の売買契約が成立したので、買主に対し、その供託所等を37条書面に記載の上、説明した。
   3 .
A社は、媒介により建物の貸借の契約を成立させ、37条書面を借主に交付するに当たり、37条書面に記名押印をした取引主任者が不在であったことから、取引主任者ではない従業員に37条書面を交付させた。
   4 .
A社は、宅地建物取引業者間での宅地の売買の媒介に際し、当該売買契約に瑕疵(かし)担保に関する特約はあったが、宅地建物取引業者間の取引であったため、当該特約の内容について37条書面への記載を省略した。
( 宅建試験 平成25年度(2013年) 宅建業法 問36 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

17
答え:3

1.A社は、私道の負担に関する追加の重要事項説明は行なわなければ宅地建物取引業法に違反します。

2.A社は、営業保証金を供託している供託所及びその所在地を説明しなければ宅地建物取引業法に違反します。

3.宅地建物取引業法に違反しません。37条書面の交付は取引主任者でなくても構いません。

4.A社は瑕疵(かし)担保に関する特約を37条書面に記載をしなければ宅地建物取引業法に違反します。
付箋メモを残すことが出来ます。
10
正解は【3】になります。

1:まず、私道の負担に関する事項というのは、宅地建物取引業法第35条のなかで重要事項となっており、重要事項を説明せず更に追加の重要事項説明を行わず契約を締結しているため、宅建業法に違反することになります。

2:選択肢1と同様に、宅地建物取引業法第35条のなかで、取引の相手方に対し契約が成立するまでの間に、供託所等について説明しなければなりません。重要事項に関して説明が不十分なため、宅建業法違反になります。

3:宅地建物取引業法第37条より、37条書面の記名押印については宅建士が行わなければならないのですが、交付に関しては、宅建士に限定する必要はありません。宅建士でない従業員が行っても問題はありません。

4:宅地建物取引業法第37条1項のなかより、瑕疵担保責任に関しては、任意的記載事項となっており、37条書面への記載を省略してはならないことのなっております。
8
答え:3

1.誤り
建物の売買の媒介の場合、私道の負担に関する事項は、重要事項として説明する必要があります。

2.誤り
営業保証金を供託した主たる事務所の最寄りの供託所及びその所在地は重要事項として説明する必要があります。

3.正しい
37条書面を交付するのは宅建業者であることに注意。
取引士の記名・押印は必要ですが、交付するのは取引士以外でも良いです。

4.誤り
瑕疵担保責任に関する事項は37条書面の任意的記載事項です。業者間取引であっても、記載を省略できません。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この宅建 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。