過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問 令和3年度(2021年) 需給取引 問46

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
機構は、証券化支援事業(買取型)において、賃貸住宅の購入に必要な資金の貸付けに係る金融機関の貸付債権を譲受けの対象としている。
   2 .
機構は、市街地の土地の合理的な利用に寄与する一定の建築物の建設に必要な資金の貸付けを業務として行っている。
   3 .
機構は、証券化支援事業(買取型)において、省エネルギー性に優れた住宅を取得する場合について、貸付金の利率を一定期間引き下げる制度を設けている。
   4 .
機構は、経済事情の変動に伴い、貸付けを受けた者の住宅ローンの元利金の支払が著しく困難になった場合に、償還期間の延長等の貸付条件の変更を行っている。
( 宅建試験 令和3年度(2021年) 需給取引 問46 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (2件)

6

正解は、1になります。

1、誤りです。

証券化支援事業(買取型)は、自らもしくは、親族が居住する物件に対して、必要な資金の貸付けに係る金融機関の貸付債権を譲受けの対象としていますので、誤りの記述となります。

2、正しいです。

記述通りです。機構は、市街地の土地の合理的な利用に寄与する一定の建築物の建設に必要な資金の貸付けをする事も目的の一つになります。

3、正しいです。

機構は、省エネルギー性に優れた住宅を取得する場合について、貸付金の利率を一定期間引き下げる制度を設けて、フラット35Sという名称で運営されていますので正しい記述となります。

4、正しいです。

住宅ローンの貸付けを受けたが、支払いが困難になった場合、返済機関の延長も出来ますので正しい記述となります。

付箋メモを残すことが出来ます。
1

正解は、1です。

1、誤り

 住宅証券化支援事業(買取型)において、譲受けの対象としているのは、本人又は親族が居住する住宅です。賃貸住宅の購入に必要な資金の貸付けについては、対象外です。

 従って、本選択肢は誤りです。

2、正しい

 その通りです。機構は、市街地の土地の合理的な利用に寄与する一定の建築物の建設に必要な資金の貸付けを業務として行っています。

 従って、本選択肢は正しいです。

3、正しい

 本選択肢は、「フラット35S」という制度で、バリアフリー性、省エネルギー性、耐震性又は耐久性・可変性に優れた住宅を取得する場合に、貸付金の利率を一定期間引き下げるという制度です。

 従って、本選択肢は正しいです。 

4、正しい

 機構は、経済事情の変動に伴い、住宅ローンの元利金の返済が困難になった場合、償還期間の延長等の貸付条件の変更を行っています。住宅ローンは返済が長期に渡ることも多いため、生活状況の変化に応じて、きめ細やかなサポートを受けることができる仕組みになっています。

 従って、本選択肢は正しいです。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この宅建 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。