過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第14817問」を出題

問題

[ 設定等 ]
永平寺の開祖で、著書『典座教訓』において料理を作る心得を説いた僧として、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
   1 .
栄西
   2 .
蓮如
   3 .
鑑真
   4 .
道元
( 調理師試験 平成25年度 食文化概論 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
180
評価しない
典座教訓は道元が食はあくまで生活の補助的なものであるといった考え方が主流な時代に、食の大切さなどを説いた書物です。
道元は歴史の教科書にも出てくるので、聞き覚えもあり覚えやすいのではないでしょうか。

その他の人物は
栄西ー喫茶養生記(茶の効果とうを説いた)
蓮如ー命の重さ、食のありがたさをといた
鑑真ー日本に砂糖を伝えたとされている
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
91
評価しない
正解は(4)です。

道元が説いた「典座教訓」のポイントは、

・食材に対する敬意
・道具を大事にする
・食べる人の立場に立つ
・手間と工夫を惜しまない

などの、精進料理を作る上で大事なことが書かれています。

調理師として食に携わる者として、心に刻みたいものです。
評価後のアイコン
評価する
59
評価しない
(4)が正解です。

「典座教訓」は、典座(てんぞ)の心得を説いた書です。典座とは、禅宗の僧侶に与えられる調理担当の役職のこと。
「炊事は下働きの者がおこなう仕事」としてどうしても低く見られがちでしたが、修行中の道元(どうげん)がある老人との出会いで「食事を作ることも修行のひとつ」という尊い教えに目覚め、典座教訓に典座職の重要性を書き記しました。
典座教訓には、「食材に対して敬意を持つ」「道具を大切にする」「食べる人の気持ちを考える」といった精神論を中心に精進料理を作る際の心得が細かく記されています。

(1)× 栄西(えいさい)は、日本の茶祖です。宋(そう)の国から茶の栽培技術や作法を持ち帰り「喫茶養生記」を記しました。

(2)× 蓮如(れんにょ)は、浄土真宗を全国に布教した僧侶です。

(3)× 鑑真(がんじん)は、唐から来日して仏教のひとつ律宗を広めた僧侶です。
砂糖は、754年に鑑真が日本に初めて持ち込んだという一説があります。
評価後のアイコン
評価する
41
評価しない
永平寺の開祖、「典座教訓」において料理を作る心得を説いた僧は、4の道元です。

鎌倉時代初期、禅宗の修行のために渡った宋での見聞を元に、禅寺の食事を司る役僧「典座(てんぞ)」の作法や心得を書いた教訓書です。
手間を惜しまず工夫し食材に感謝する、といった作る側の心や、労力や食材に感謝し日頃の行いを顧みるといった食べる側の心が記されています。


 1.栄西は鎌倉時代初期に禅寺で抹茶法を伝え、これはのちに安土桃山時代に茶の湯として大成します。
 2.蓮如は室町時代の浄土真宗僧侶。
 3.鑑真は唐の僧、日本における律宗の開祖。薬として日本に砂糖を伝えたと言われています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。