過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第14830問」を出題

問題

[ 設定等 ]
世界保健機関(WHO)が発表した世界保健統計において、平成 22 年(2010 年)の乳児死亡率が最も低かった国として、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
   1 .
ドイツ
   2 .
イギリス
   3 .
アメリカ
   4 .
日本
( 調理師試験 平成25年度 公衆衛生学 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
53
評価しない

乳児とは、生後約1年未満の赤ん坊のこと。
乳児の死亡率は、1000人出産当たりに死亡する人数のことです。
1.ドイツ 1000人中4人

2.イギリス 1000人中5人

3.アメリカ 1000人中7人

4.日本 1000人中3人

よって、正解は4の日本になります。
乳児死亡率は発展途上国ほど多い傾向があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
(4)日本
が正解です。

【乳児死亡率とは】
満1歳までに死亡する確率あらわしたもの。
1年間に、出産1000回に対して死亡する乳児(1歳未満の赤ちゃん)が何人いるか、で割り出します。

【2010年の乳児死亡率】
最も低い国 サンマリノ(1人/1000人)
最も高い国 アフガニスタン(165人/1000人)

日本は3人/1000人で、世界的に見ても医療水準の非常に高いことがうかがえます。

日本 3人
ドイツ4人
イギリス・アメリカ 5人
(1000人中)

【2016年の乳児死亡率】
日本1人
ドイツ3人
イギリス・アメリカ 6人
(1000人中)

日本は、1人/1000人とトップクラスの水準になりました。

上記の4か国の中では、少し差をつけてトップになってはいますが、世界的に乳児死亡率は低下してきており、2010年以降は乳児死亡率1~2人の国がほかにも多くなっていることも意識しておきたいです。
評価後のアイコン
評価する
12
評価しない
正解は4です。
WHO加盟国193ヵ国を対象としていますが、2010年の
統計を見ると、ドイツ、イギリス、アメリカ、日本の中で最も低かった国は、日本です。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
正解は(4)です。

乳児死亡率は、発展途上国では高い傾向にありますが、選択肢は全て先進国です。

この問題では、日本の医療技術が群を抜いて優れている事を考え、乳児死亡率が最も少ないと導き出す事がポイントです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。