過去問.com

調理師試験 平成25年度 公衆衛生学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

世界保健機関(WHO)が発表した世界保健統計において、平成 22 年(2010 年)の乳児死亡率が最も低かった国として、正しいものを一つ次の中から選びなさい。

 1 . 
ドイツ
 2 . 
イギリス
 3 . 
アメリカ
 4 . 
日本
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
10


乳児とは、生後約1年未満の赤ん坊のこと。
乳児の死亡率は、1000人出産当たりに死亡する人数のことです。
1.ドイツ 1000人中4人

2.イギリス 1000人中5人

3.アメリカ 1000人中7人

4.日本 1000人中3人

よって、正解は4の日本になります。
乳児死亡率は発展途上国ほど多い傾向があります。

2014/07/15 10:04
ID : ybtmzmqlgt
3

正解は(4)です。

乳児死亡率は、発展途上国では高い傾向にありますが、選択肢は全て先進国です。

この問題では、日本の医療技術が群を抜いて優れている事を考え、乳児死亡率が最も少ないと導き出す事がポイントです。

2014/07/27 23:16
ID : nqefpnql
2

正解は4です。
WHO加盟国193ヵ国を対象としていますが、2010年の
統計を見ると、ドイツ、イギリス、アメリカ、日本の中で最も低かった国は、日本です。

2014/08/03 13:47
ID : irsfthlldp
border line
調理師試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。