過去問.com

調理師試験 平成25年度 公衆衛生学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

労働者の労働と健康管理に関する記述について、誤っているものを一つ次の中から選びなさい。

 1 . 
事業者は、労働者の雇い入れ時に一般健康診断を行う義務がある。
 2 . 
事業者は、作業環境管理を行う義務がある。
 3 . 
労働基準法では、1週間の労働時間について基準を規定している。
 4 . 
労働安全衛生法では、職場の受動喫煙の防止について規定している。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
37

正解は(4)です。

この問題では、労働と健康管理の問題に見せかけて、「健康増進法」の問題です。

健康増進法には、大きく次の5つの事が書かれています。

1、国民健康・栄養調査等
2、保健指導等
3、特定給食施設等
4、受動喫煙の防止
5、特別用途表示、栄養表示基準等

健康増進法は、頻出なので、細かく覚えておく方がいいです。
間に合わない場合は、この5つだけはしっかり覚えておきましょう。

これを覚えておけば、受動喫煙防止について規定しているのは、労働安全衛生法ではなく健康増進法だと判ります。

2014/07/27 23:31
ID : nqefpnql
9

正解は4です。

働安職場の受動喫煙の防止についての規定は、労働安全衛生法ではなく、健康増進法によって定められています。

2014/07/15 10:40
ID : ybtmzmqlgt
5

正解は4。
労働安全衛生法は、職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的としています。

2014/08/03 14:02
ID : irsfthlldp
border line
調理師試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。