過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第14834問」を出題

問題

[ 設定等 ]
脂質に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
   1 .
中性脂肪は、複合脂質である。
   2 .
中性脂肪は、細胞膜の構成成分である。
   3 .
リン脂質は、単純脂質である。
   4 .
コレステロールは、性ホルモンの合成材料となる。
( 調理師試験 平成25年度 栄養学 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
170
評価しない
正解は(4)です。

コレステロールは体に良くないと言われがちですが、体の中で重要な役割をはたしています。
コレステロールの役割をしっかり覚えておくことが大事です。

・細胞膜の構成成分
・副腎皮質ホルモン、性ホルモンの構成成分
・胆汁酸の構成成分

この3つをしっかり覚えておきましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
58
評価しない
(4)コレステロールは、性ホルモンの合成材料となる。
が正解です。

コレステロールは男性ホルモンや女性ホルモン、ステロイドホルモンの材料として欠かせません。そのほか、全身の細胞膜の成分にも使われます。

【単純脂質と複合脂質】
脂質には、単純脂質と複合脂質があります。

単純脂質…エネルギーに使われる。中性脂肪。
複合脂質…リン酸や糖などと結合している脂質。細胞膜の成分に使われる。リン脂質、糖脂質など。

(1) × 中性脂肪は、複合脂質ではなく「単純脂質」です。
(2)× 中性脂肪は、細胞膜の構成成分ではなく、エネルギーに使われます。
(4)× リン脂質は、単純脂質ではなく、リン酸と結合している「複合脂質」です。
評価後のアイコン
評価する
43
評価しない
正解は4です。

1・中性脂肪は単純脂質に分類されます。

2・細胞膜の構成成分であるのはコレステロールです。

3・リン脂質は複合脂質です。

評価後のアイコン
評価する
32
評価しない
正解は4。

1、中性脂肪は単純脂質です。
単純脂質は、リン酸、硫黄、窒素塩基、糖が加わった脂質のこと。

2、中性脂肪ではなく、コレステロールです。
3、リン脂質は複合脂質の1つです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。