過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第14838問」を出題

問題

ビタミン Cの欠乏症として、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
 1 . 
悪性貧血
 2 . 
脚気
 3 . 
壊血病
 4 . 
口内炎
( 調理師試験 平成25年度 栄養学 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(4件)

評価する
33
評価しない
正解は(3)です。

船乗りが、長い航海で、新鮮な野菜や果物が食べられない時にかかった病気が、壊血病で、ビタミンC不足が原因でした。

脚気は白米を食べる習慣ができ、ビタミンB1不足で流行しました。

悪性貧血は、ビタミンB12の不足で、胃バイパス手術などを行った場合に、起こることがあります。

口内炎は、ビタミンB群の不足によって起こります。口内炎が出来た時は、ビタミンB群を積極的に摂ると、早く治ります。
評価後のアイコン
2014/07/29 07:17
ID : nqefpnql
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
正解は3です。

1・悪性貧血はビタミンB12の欠乏症です。

2・脚気はビタミンB1の欠乏症です。

4・口内炎はビタミンBの欠乏症です。
評価後のアイコン
2014/07/19 23:35
ID : ybtmzmqlgt
評価する
5
評価しない
正解は3です。

悪性貧血:ビタミンB12が欠乏することで生じる貧血。

脚気:ビタミンB1の欠乏によって、心不全、抹消神経障害をきたす疾患です。

口内炎:ビタミンB2が欠乏すると口内炎が出来ます。
評価後のアイコン
2014/08/03 23:26
ID : irsfthlldp
評価する
2
評価しない
(3)壊血病
が正解です。

壊血病(かいけつびょう)は、血管がもろくなって出血しやすくなる病気です。
ビタミンCが欠乏した時に起こります。

ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせません。
ビタミンCが欠乏すると、血管の弾力を保つコラーゲンが不足し、血管がもろくなって壊血病を引き起こします。

(1)× 悪性貧血(巨赤芽球貧血)は、ビタミンB12の欠乏症。
赤血球の生成に関与するビタミンB12が欠乏し、赤血球の形が大きくなりすぎて血液の機能が低下してしまう貧血の一種です。

(2)× 脚気(かっけ)は、ビタミンB1の欠乏症。
神経を正常に保つビタミンB1が欠乏し、手足のしびれ、心臓機能の低下を起こす病気です。

(4)× 口内炎は、ビタミンB2・B6が不足した時に起こります。
ビタミンB2・B6は、細胞の新陳代謝を促進させ、粘膜をすこやかに保つ役割がある栄養素です。
評価後のアイコン
2018/01/13 21:40
ID : bbxjyqrbfx
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この調理師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。