過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第14844問」を出題

問題

[ 設定等 ]
こんにゃくに含まれる特徴的な食物繊維として、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
   1 .
カラギーナン
   2 .
グルコマンナン
   3 .
ペクチン
   4 .
キチン
( 調理師試験 平成25年度 食品学 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
44
評価しない
正解は(2)です。

(1)カラギーナンは、トロミやゲル化剤としてよく使われます。

(3)ペクチンは果物に含まれ、ジャムを作る時に利用されます。

(4)キチンは、カニなどの甲殻類に含まれています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
正解は2です。

グルコマンナンはコンニャクの主成分であるため別名コンニャクマンナンとも言われています。


1・カラギーナンはデザートや飲料などおおくのまのに使用されています。

3・ペクチンは、ジャム・ゼリーなどのゲル化剤や、ヨーグルト飲料などの乳タンパク安定剤として使用されています。

4・キチンはかにの甲羅、えびの殻、乳製品、きのこ類などに多く含まれています。
評価後のアイコン
評価する
17
評価しない
「マンナン○○」というこんにゃくゼリーのメーカー名が有名なので、覚えやすいかもしれません。

こんにゃくに含まれる水溶性食物繊維で、「コンニャクマンナン」とも呼ばれます。
グルコマンナンは「マンノース」と「グルコース」が結びついていることから、その名前がつけられています。
水を含むと膨らみ、プルプルした食感になるのが特徴です。

(1)× カラギーナンは、藻類に含まれる水溶性食物繊維。
食品添加物(増粘多糖類)として、アガー、デザートなどに使われています。

(3)× ペクチンは果物に含まれる水溶性食物繊維。
食品添加物(増粘多糖類)としては、ジャムやゼリーなどに使われます。

(4)× キチンは、カニ・エビなど甲殻類の殻、きのこ類の細胞壁ほか、幅広い生物に含まれる不溶性食物繊維です。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正解は2です。

1:カラギ―ナンは、食品その他の工業でゲル化材、増粘剤、安定剤などとして使われます。

3:ペクチンは、食品添加物として使用されます。

4:キノコ、菌類の細胞壁などの主成分です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。