過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第14849問」を出題

問題

[ 設定等 ]
カンピロバクター食中毒に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
   1 .
重症の場合はコレラに似た症状になることがある。
   2 .
潜伏期間は、ほかの食中毒より短く 3時間前後である。
   3 .
感染症法*で 3類感染症として指定されている。
   4 .
ごく少量の菌数でも感染することがある。
( 調理師試験 平成25年度 食品衛生学 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
81
評価しない
正解は(4)です。

カンピロバクターによる食中毒は、発生件数が最も多い食中毒ですので、特徴を覚えておきましょう。

・カンピロバクターが付いた食品や、飲料水を摂取することや、動物を触るなどをした時に、感染します。
・100個程度と、少ない菌量で感染します。
・潜伏時間が、2~5日間と、やや長めです。

この3つの事から、(4)が正解だとわかります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
59
評価しない
正解は4です。

1:カンピロバクター食中毒に似た症状なのは、サルモネラ症です。

2:潜伏期間は短くて2日、長くて7日です。2日~5日で回復します。

3:3類感染症は、コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフスです。
評価後のアイコン
評価する
41
評価しない
(4) ごく少量の菌数でも感染することがある。
が正解です。

【カンピロバクター食中毒の特徴】

・食中毒事故の中で最も多い
・カンピロバクターは鶏をはじめ家畜やペットなど多くの動物が保菌している
・数百個くらいと比較的少ない菌数で感染する
・潜伏期間は2日~1週間くらい
・鶏肉の生食、肉の加熱不十分から食中毒が起こりやすくなっている
・食中毒の予防には加熱が効果的
・下痢・吐き気・嘔吐・腹痛・倦怠感・発熱・脱水などが起こる
・重篤になることはまれだが「ギラン・バレー症候群」を併発することがある

(1) ×コレラの症状は、腹痛、激しい下痢と嘔吐、大量の白い水様便、下痢に伴う脱水などで、重症のカンピロバクターとはそれほど症状が似ていません。

(2)× 潜伏期間は2日~1週間くらいと、ほかの食中毒よりも長めです。

(3)× カンピロバクター感染症を含む「感染性胃腸炎」は、第5類感染症です。
評価後のアイコン
評価する
35
評価しない
正解は4です。

1・カンビロバクター食中毒の症状は下痢、腹痛、発熱、頭痛及び全身倦怠感などの風邪に近い症状です。
コレラは大量の下痢便が何回も出て、脱水症状が現れます。腹痛はなく、体温はむしろ低下します。

2・潜伏期間は2~5日と他の食中毒と比べて長いのが特徴です。

3・感染症法では定点把握の5類感染症として
指定されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。