調理師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

調理師の過去問 第14869問 出題

問題

ゼラチンの調理に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
 1 . 
ゼラチンの原料は、海藻抽出物である。
 2 . 
ゼラチンゼリーは、冷却温度が低いほどゼリー強度が高まる。
 3 . 
ゼラチンゼリーの凝固温度は、5~30℃である。
 4 . 
砂糖の添加量が多いほど、やわらかいゼリーとなる。
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この調理師 過去問の解説(4件)

評価する
24
評価しない
正解は(2)です。

(1)ゼラチンの原料は、動物の骨や皮です。

(2)ゼラチンは冷やす温度が低いほうが、固くなります。

(3)30度の室温では、ゼリーは固まりません。

(4)砂糖が多い方が、より固いゼリーになります。
評価後のアイコン
2014/09/06 22:28
ID : nqefpnql
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は 2 です。

冷却温度が低く、冷却時間が長いほど硬くなります。

水にゼラチンを加えたものは、加熱することでゾル化して液体に、冷却するとゲル化することで個体になります。

1: ゼラチンは、牛や豚の皮や骨や腱から加水して加熱して主成分であるコラーゲンが変化したものです。

3: ゼラチンの濃度によって変わります。しかし、溶解温度が20℃から27℃と低く、だいたい室温で放っておけば溶けだしてしまいます。ですので問題にある30℃では凝固することはありませんん。

4: 砂糖の親水性と水分の吸収により、ゼラチン濃度の変化と結びつきが強化されますので、固くなり、また透明度もあがります。
評価後のアイコン
2015/06/19 18:42
ID : hswrgknw
評価する
7
評価しない
正解は2です。

× 1.ゼラチンの原料は牛、豚などの皮や骨、腱です。

○ 2.ゼリーは低温で長時間置くことで弾力性が増します。

× 3.濃度により変わりますが約10℃です。

× 4.砂糖の添加量が多いほど、ゼリーの強度や弾力が増します。
評価後のアイコン
2014/08/09 23:47
ID : ybtmzmqlgt
評価する
2
評価しない
ゼラチンに関する内容は以下の通りです。

1.ゼラチンの原料は海藻抽出物(× →動物の皮やすじ、骨に含まれるコラーゲン)である。
 海藻抽出物を原料にするのは寒天です。

2.ゼラチンゼリーは、冷却温度が低いほどゼリー強度が高まる ○
 冷却温度が低く冷却時間が長いほど、固く弾力を増します。

3.ゼラチンゼリーの凝固温度は、5~30(× →3~15)℃である。
 ゼラチン濃度によりますが、20~25℃前後で融解が始まります。

4.砂糖の添加量が多いほど、やわらかい(× →固い)ゼリーになる。
 砂糖を入れるとゲルが安定します。
評価後のアイコン
2016/10/05 12:39
ID : yksuqrqoo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この調理師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。