過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第14893問」を出題

問題

[ 設定等 ]
人体を構成する成分に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
   1 .
人体は、酸素・炭素・水素・窒素の 4 種類の元素で構成されている。
   2 .
人体に最も多く存在する成分は脂質である。
   3 .
人体には糖質はわずかしか含まれないが、食事の中には多く含まれる。
   4 .
人体を構成するたんぱく質は、入れ替わることはない。
( 調理師試験 平成24年度 栄養学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
87
評価しない
正解は(3)です。

(1)人体は、もっと複雑です。
例えば、骨はカルシウム(Ca)が主な構成元素ですから、この記述が誤りだと判ります。

(2)人体で水の次に多いのは、たんぱく質です。
人間も動物ですから、牛や豚と同じく、お肉が一番多いので、水を除けば、たんぱく質が一番多いと考えます。

(3)人は、食べた糖質を、直ぐに脂肪に変えて、貯めておきます。なので、糖質は体内にわずかしかありません。

(4)人体のたんぱく質は、常に壊され、作り変えられています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
38
評価しない
正解は 3 です。

人体の構成成分はおおよそですが、
水分=約60%
タンパク質=約16%
脂質=約15%
ミネラル・無機質=約5%
糖質=約0.5%

このようになっています。体内に含まれる糖質は上記の通り少ないのですが、人体はエネルギー源として糖質を必要としており、得に脳に必要なのですが、脳には糖質を蓄える機能がありません。
ですので、食事で補う必要があります。
我々は日々の食事の中で主食と呼ばれるものをもっとも摂取しています。そしてその主食とは炭水化物のことです。
炭水化物とは「食物繊維+糖質」です。そもそも食物繊維とは人体で分解できない糖質のことです。

1: もし、記述が「人体を構成する有機質は~」であったり、「主に構成する元素は~」ならば酸素、炭素、水素、窒素で正解となります。この4つだけで人体のおよそ96%に相当しますが、のこり4%の内訳は二桁以上の種類があります。

2: 水ですね。

4: 新陳代謝という説明で十分かと思います。
評価後のアイコン
評価する
30
評価しない
正解は(3)になります。
この問題は栄養学の栄養学概論に記載されている人体の構成成分の内容になります。
答え(1)の主な人体の元素は約30種あります。答え(2)は水分になります。体系がよい太ったカラダでも水分が一番多い成分になります。答え(4)は日々カラダの細胞内でたんぱく質は変化しております。正しい答えは(3)、人体の成分には微量の糖質しか存在しません。食事で取った糖質はエネルギー源として消費されます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。