調理師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

調理師の過去問 第14895問 出題

問題

無機質に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
 1 . 
牛乳・乳製品のカルシウムは、野菜類のカルシウムより小腸における吸収率が低い。
 2 . 
小腸における鉄の吸収率は、ビタミン C が共存すると低下する。
 3 . 
ヨウ素の欠乏は、味覚障害の原因となる。
 4 . 
リンは、骨に多く含まれている。

この調理師 過去問の解説(3件)

評価する
30
評価しない
正解は(4)です。

(1)カルシウム吸収率は、牛乳40%、小魚33%、野菜19%です。

(2)鉄の吸収率は、ビタミンCと一緒に摂取すると上がります。

(3)味覚障害を起こすのは、亜鉛の欠乏です。

(4)骨に多いのは、カルシウムと思われがちですが、実はリンも豊富に含まれています。
評価後のアイコン
2014/07/07 11:45
ID : nqefpnql
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は 4 です。

リンがそのままで存在しているわけではありません。
リンの化合物であるリン酸カルシウムとして骨の中に存在しています。人体の骨のうち60%以上がリン酸カルシウムで占められています。

1: 牛乳のカルシウムの吸収率は約40%です。小魚が約33%、野菜が約19%の吸収率ですので、牛乳のカルシウムの吸収率は野菜に比べて優れています。

2: 鉄、より正確には動物性食品に含まれるヘム鉄と、植物性食品に含まれる非ヘム鉄に分類されます。ビタミンCと一緒に摂取することで吸収率が上昇します。

3: ヨウ素が不足することで、甲状腺機能低下につながります。これは、身体をだるく感じたり、鈍く感じたり、発達障害や性欲減退などの症状がでてきます。しかし味覚に関しては影響ありません。
評価後のアイコン
2015/06/30 16:29
ID : hswrgknw
評価する
10
評価しない
正解は(4)になります。
この問題は栄養学の栄養素の機能と栄養生理に記載されている内容になります。無機質とは骨や歯など硬組織の主要構成成分になります。普段、ミネラルと言われる成分が無機質になり、カルシウムが主に含まれている食材は乳製品や小魚、海藻類、大豆から摂取することが可能です。鉄分は食事中のヘム鉄や非ヘム鉄に多く含まれ、食肉成分やビタミンCと取ると吸収率が促進されます。味覚障害は亜鉛不足が原因と言われます。答えの(4)は骨に多く含まれる成分はリンになります。リンは骨や歯を作る成分になります。
評価後のアイコン
2014/07/18 11:52
ID : cmaetkrqb
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この調理師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。